F1
12 3月
-
15 3月
イベントは終了しました
R
第2戦バーレーンGP
19 3月
-
22 3月
次のセッションまで……
24 days
02 4月
-
05 4月
次のセッションまで……
38 days
R
第5戦オランダGP
30 4月
-
03 5月
次のセッションまで……
66 days
R
第6戦スペインGP
07 5月
-
10 5月
次のセッションまで……
73 days
R
第7戦モナコGP
21 5月
-
24 5月
次のセッションまで……
87 days
R
第8戦アゼルバイジャンGP
04 6月
-
07 6月
次のセッションまで……
101 days
R
第9戦カナダGP
11 6月
-
14 6月
次のセッションまで……
108 days
25 6月
-
28 6月
次のセッションまで……
122 days
R
第11戦オーストリアGP
02 7月
-
05 7月
次のセッションまで……
129 days
R
第12戦イギリスGP
16 7月
-
19 7月
次のセッションまで……
143 days
R
第13戦ハンガリーGP
30 7月
-
02 8月
次のセッションまで……
157 days
R
第14戦ベルギーGP
27 8月
-
30 8月
次のセッションまで……
185 days
R
第15戦イタリアGP
03 9月
-
06 9月
次のセッションまで……
192 days
R
第16戦シンガポールGP
17 9月
-
20 9月
次のセッションまで……
206 days
R
第17戦ロシアGP
24 9月
-
27 9月
次のセッションまで……
213 days
08 10月
-
11 10月
次のセッションまで……
227 days
R
第19戦アメリカGP
22 10月
-
25 10月
次のセッションまで……
241 days
R
第20戦メキシコGP
29 10月
-
01 11月
次のセッションまで……
248 days
R
第21戦ブラジルGP
12 11月
-
15 11月
次のセッションまで……
262 days
R
第22戦アブダビGP
26 11月
-
29 11月
次のセッションまで……
276 days

フェルスタッペンとの接触は完全に僕の責任……ルクレール、日本GP1周目を後悔

シェア
コメント
フェルスタッペンとの接触は完全に僕の責任……ルクレール、日本GP1周目を後悔
執筆:
2019/10/16 8:56

フェラーリF1のシャルル・ルクレールは、F1日本GP決勝スタート直後にレッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンと接触してしまったことは、完全に自分の責任だと後悔を語る。

 フェラーリのシャルル・ルクレールは、F1日本GPの決勝レースを2番グリッドからスタートした。しかしスタートで失敗し、メルセデスのバルテリ・ボッタスに先行されただけでなく、レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンにも並びかけられてしまう。

Read Also:

 ルクレールとフェルスタッペンは並んで2コーナーに突入。しかしルクレールはワイドに膨らんでしまい、アウト側にいたフェルスタッペンのマシンと接触してしまった。

 フェルスタッペンはこの接触の影響でコースオフし、マシンに大ダメージを負った。レースに復帰することはできたもののマシンの損傷は大きく、早々にピットに戻り、リタイアすることになった。

 一方のルクレールもフロントウイングを壊してしまう。ルクレールはそのまま走り続けようとしたが、壊れたパーツが外れ、それが後方を走っていたメルセデスのルイス・ハミルトンのマシンに当たってしまうなどしたため、ノーズを交換するべくやはり早々にピットインし、大きくポジションを落としてしまう。レース中に追い上げて6番手でフィニッシュしたが、フェルスタッペンへの接触と壊れたマシンで長くコースに留まったことにより15秒のタイム加算ペナルティを受け、最終的には7位となった。

「スタートが悪かった。セブが少し動いたのが見えて、少し気を取られてしまったんだ(ベッテルはレッドシグナルが完全に消える前に、一瞬動いてしまった。しかしすぐに停止。審議対象にはなったが、ペナルティが科せられることはなかった)。そして、僕の反応もとっても悪くなってしまったんだ」

「スタート自体はそんなに悪くなかったけど、反応はとても悪かったんだ」

「そしてマックスとのことで、僕がただミスを犯したのは明らかだ。僕はセブの後ろでコーナーのイン側にいた。それでフロントのダウンフォースを失ったんだ」

「通常なら、そうなることは予測しなければいけなかった。でも、僕はそれをしなかったんだ。僕の責任だ」

 ルクレールは3周目までフロントウイングが壊れた状態で走行を続けた。そしてその壊れたパーツが外れた際に、後方を走るハミルトンのマシンに当たるなどした。またルクレールのマシンは、フロントウイングのみならず左のウイングミラーにもダメージを負っていた。

 ルクレールは西ストレートでミラーを手で抑えて走行。そのまま片手運転で130Rをクリアするシーンもあった。最終的にはこのミラーもマシンから脱落してしまったが、マシンのパフォーマンスには大きな影響はなかったという」

「ドライビングの観点から言えば、フロントのダウンフォースを少し失っていた」

 そうルクレールは語った。

「全体的には、それによって大きな影響があったとは思わない。それによって、アンダーステアになっただけだったからね」

「もしリヤに影響があったなら、もっと多くのパフォーマンスを失っていただろう。でも、それだけだった」

 ルクレールとフェルスタッペンの接触は当初、審議の必要なしと判断された。しかしその数周後、スチュワードは判断を覆し、レース後に審議を行うこととした。

 FIAのF1レースディレクターであるマイケル・マシは、今回の件について次のように説明した。

「いくつかの新しい証拠があることが明らかになったんだ。それは、当初は使えない情報だった。その結果、彼ら(スチュワード)は審議を再開することを決めたのだ」

「最初に利用できた情報では、彼らは審議の必要はないと判断した」

「その後、当初は見られなかった他のいくつかの映像が手に入った。それには新たな要素があったため、審議を再開したのだ。審議を再開するのは、彼らの権限の範囲内だった」

Read Also:

次の記事
F1取材500戦を記念。熱田護氏の写真展が12月19日から開催

前の記事

F1取材500戦を記念。熱田護氏の写真展が12月19日から開催

次の記事

笹原右京、F1挑戦への決意を新たに「F1に乗る準備はいつでも出来ている」

笹原右京、F1挑戦への決意を新たに「F1に乗る準備はいつでも出来ている」
コメントを読み込む