F1
29 8月
-
01 9月
イベントは終了しました
05 9月
-
08 9月
イベントは終了しました
19 9月
-
22 9月
イベントは終了しました
26 9月
-
29 9月
イベントは終了しました
10 10月
-
13 10月
イベントは終了しました
24 10月
-
27 10月
次のセッションまで……
5 days
R
第19戦アメリカGP
31 10月
-
03 11月
次のセッションまで……
12 days
14 11月
-
17 11月
次のセッションまで……
26 days
R
第21戦アブダビGP
28 11月
-
01 12月
次のセッションまで……
40 days

無線ではもう黙る? ルクレール、シンガポールGPから“学び”を得る

シェア
コメント
無線ではもう黙る? ルクレール、シンガポールGPから“学び”を得る
執筆:
2019/09/27 3:01

シャルル・ルクレールはシンガポールGPから学ぶことで、チームにネガティブな無線を飛ばよりも“黙る”つもりだと語った。

 F1第15戦シンガポールGPはフェラーリのワンツーフィニッシュという形で幕を閉じた。

 シャルル・ルクレールはポールポジションからスタートしトップを走っていたが、先にピットストップしたチームメイトのセバスチャン・ベッテルに先行を許すと、チームはそのままポジションを入れ替えず、ルクレールは優勝へ挑むことすらできなかった。

Read Also:

 チーム側はベッテルのタイヤ交換後のアウトラップの速さは予想外で、ルクレールがアンダーカットされることは予期していなかったと説明している。

 レース中、ルクレールはこうした事態に無線で不満をぶつけ、その後次のように釈明を行った。

「僕は落ち着いていたし、レースが終了するまでずっと落ち着いていた。あの時はただ僕の気持ちを伝えたいだけだったんだ」

「正直に言うとアンダーカットについては理解できないけど、それについてはレース後に話し合うよ」

 さらに、チームはルクレールに対しパワーユニットを労ること、つまりポジションを維持するように伝えた。

 ルクレールはこれに従ったが、チームに対して「これはフェアだとは思わない。でも僕は馬鹿な真似をするつもりはなかった」と語った。

 レース終了後、ルクレールはチームとこの件について話し合いを持った。そしてルクレールは、戦略的な理由からこうした指示が伝えられたと理解し、自分の発言にはより注意を払うべきだと受け入れたという。

「(当時の)僕の反応は、理想的なモノからかなり逸脱していたと思う」

「この事が示しているのは、僕には依然として学ぶべきことが多くあるということだ」

 ルクレールはそう一連の出来事を振り返り、更に続けた。

「あの状況で、ああしたことをする必要は無かった。チームは正しいことをして、僕らは1位と2位でフィニッシュした。他のどの戦略でもワンツーフィニッシュは望めなかったはずだ。それが最も重要な事だ」

「だから僕には学ぶことがたくさんある。そこが重要だ。学ぶべきこと、そして改善する事は明らかにたくさんあるけど、この先こういった事は起こらないだろう」

 ルクレールは優勝への渇望が、前述のような感情的なコメントに油を注いだと話しており、感情をコントロールする術を学習する必要があると認めた。

「クルマの中では感情を抑えることがとても難しいんだ。アドレナリンがすごく出ているからね。朝起きた時、僕は勝つことについて考えていて、眠る時も勝利について考えている。だから難しい時もあるかもしれない」

「だけどこうした状況では自分自身をよりコントロールする必要がある。どうすれば上品に言えるだろうか?……無線で話す代わりに黙るんだ。僕はそれから学び取るつもりだし、こうしたコトが再び起こらないようにしていくよ」

「僕がどれほど勝利を望んでいるか、もう分かってくれている人もいる。間違って理解している人もいるだろうけどね」

「とにかくさっき言ったように、僕はこの出来事から学ぶ必要がある。たとえアドレナリンが出ていようと、レース中にああした無線を飛ばす必要はどこにもない。それをしてもより混乱させるだけなんだ。そういうことだ」

「前に言ったけど、最も重要なのは、チームがワンツーフィニッシュを果たしたことだと思うし、僕はとても満足しているんだ」

 またチームメイトのベッテルは、マシンに乗っている時にドライバーがどれほど忙しく、ストレスに晒されるかを語り、ルクレールの憤りについても擁護した。

「ああいったメッセージについて考え過ぎるべきじゃないと思う」

「無線を開いてドライブしているんだ。例えばサッカーやゴルフなんかをしながら同じ経験をしたなら、みんな驚くと思うよ」

「それに、その瞬間に言ったことの理由を理解しようとすることに意味は無い。(ルクレールが言ったことは)普通のことだと思うよ」

「言うまでもなく彼は勝ちたがっていた。自分が2番手だと理解した時、憤りを覚えただろう。もし別の方法だったなら、僕が同じ様に動揺していただろうね」

「これはレースをしている時に駆け巡る感情の一部だ。僕はドライバーでそれ(感情)を気にしていないヤツは多くないと思うよ」

Read Also:

 
次の記事
フェルスタッペン、シンガポールGPでの苦戦の理由を理解?

前の記事

フェルスタッペン、シンガポールGPでの苦戦の理由を理解?

次の記事

グロージャン、F1残留に失敗していたら……FE&DTMのダブル参戦を狙っていた?

グロージャン、F1残留に失敗していたら……FE&DTMのダブル参戦を狙っていた?
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
ドライバー シャルル ルクレール
チーム フェラーリ 発売中
執筆者 Adam Cooper