ルクレール、ザウバーの躍進は”セットアップの理解度向上”にアリと断言

シェア
コメント
ルクレール、ザウバーの躍進は”セットアップの理解度向上”にアリと断言
Scott Mitchell
執筆: Scott Mitchell
2018/11/20 23:26

シャルル・ルクレール曰く、ザウバーは今季用マシンの開発を早々に終えているため、チームの最近の躍進は、セットアップの改善によるものだと語る。

 今季のザウバーは、非常に苦しい立ち上がりとなった。開幕から数戦はパフォーマンスが上がらず、ウイリアムズとグリッド最後尾を争うこととなった。しかし、最近では躍進を遂げ、トップ10入りの常連となりつつある。

 チームは現在、コンストラクターズランキングでトロロッソ・ホンダを抜いて8番手に浮上。レーシングポイント・フォースインディアとの差を6ポイントまで縮めている。

「今年のマシンの基本的な部分は良かったんだ。最初の3レースでは、すべてのポテンシャルを発揮できていなかったと思う」

 ルクレールはそう語った。

「このクルマのバランスを取る方法を理解した後には、本当に大きなステップアップを遂げた。その後、シーズン中にいくつかの改良を施し、より良くすることができるようになった」

「去年と比べれば、マシンはとても印象的だ。結果からそれを見ることができる」

「少し前に、僕らはマシンのアップデートをストップさせた。でも、開発を進めているチームと同じだけのパフォーマンスを維持している」

「だから、間違いなく強いクルマなんだ」

 直近の2レースでは、ルクレールとマーカス・エリクソンが揃ってQ3に進出した。またルクレールは、直近5レースで3回7位を獲得している。その結果、今季のザウバーのポイントの大半はルクレールが獲得しており、そのパフォーマンスがフェラーリの目に留まり、来季スクーデリア・フェラーリに昇格することが決まった。来季のザウバーには、キミ・ライコネンとアントニオ・ジョビナッツィが加入することが決まっている。

 ルクレールは、ザウバーの躍進は驚きだったと語りつつも、来シーズンに向けた開発に影響を及ぼすようなことはないだろうと語る。

「そうそうに今年のクルマの開発をストップしたため、このようなシーズン終盤を期待できるとは思わなかった」

 そうルクレールは語る。

「(来季用の)マシン開発のための時間はかなりあった。だから、来年は間違いなく良いと思っている」

次の記事
レッツ・シューイ! リカルドのレースブーツをゲットするチャンス到来

前の記事

レッツ・シューイ! リカルドのレースブーツをゲットするチャンス到来

次の記事

ハートレー「ポジティブな気持ちで最終戦を迎えられる。ホンダ最新PUで良い予選を」

ハートレー「ポジティブな気持ちで最終戦を迎えられる。ホンダ最新PUで良い予選を」
Load comments

この記事について

シリーズ F1
ドライバー シャルル ルクレール
チーム ザウバー
執筆者 Scott Mitchell