F1
R
第1戦オーストラリアGP
12 3月
-
15 3月
次のセッションまで……
54 days
R
第2戦バーレーンGP
19 3月
-
22 3月
次のセッションまで……
61 days
02 4月
-
05 4月
次のセッションまで……
75 days
R
第4戦中国GP
16 4月
-
19 4月
次のセッションまで……
89 days
R
第5戦オランダGP
30 4月
-
03 5月
次のセッションまで……
103 days
R
第6戦スペインGP
07 5月
-
10 5月
次のセッションまで……
110 days
R
第7戦モナコGP
21 5月
-
24 5月
次のセッションまで……
124 days
R
第8戦アゼルバイジャンGP
04 6月
-
07 6月
次のセッションまで……
138 days
R
第9戦カナダGP
11 6月
-
14 6月
次のセッションまで……
145 days
R
第10戦フランスGP
25 6月
-
28 6月
次のセッションまで……
159 days
R
第11戦オーストリアGP
02 7月
-
05 7月
次のセッションまで……
166 days
R
第12戦イギリスGP
16 7月
-
19 7月
次のセッションまで……
180 days
R
第13戦ハンガリーGP
30 7月
-
02 8月
次のセッションまで……
194 days
R
第14戦ベルギーGP
27 8月
-
30 8月
次のセッションまで……
222 days
R
第15戦イタリアGP
03 9月
-
06 9月
次のセッションまで……
229 days
R
第16戦シンガポールGP
17 9月
-
20 9月
次のセッションまで……
243 days
R
第17戦ロシアGP
24 9月
-
27 9月
次のセッションまで……
250 days
R
第18戦日本GP
08 10月
-
11 10月
次のセッションまで……
264 days
R
第19戦アメリカGP
22 10月
-
25 10月
次のセッションまで……
278 days
R
第20戦メキシコGP
29 10月
-
01 11月
次のセッションまで……
285 days
R
第21戦ブラジルGP
12 11月
-
15 11月
次のセッションまで……
299 days
R
第22戦アブダビGP
26 11月
-
29 11月
次のセッションまで……
313 days

ルクレール、中国GPでのチームオーダーは”メルセデスに挑むため”だったと「信じる」

シェア
コメント
ルクレール、中国GPでのチームオーダーは”メルセデスに挑むため”だったと「信じる」
執筆:
2019/04/15 23:43

シャルル・ルクレール曰く、F1中国GP決勝での長い第2スティントは、チームメイトのセバスチャン・ベッテルがバルテリ・ボッタスを捕まえるのを手助けするための”策略”だったという。

 フェラーリのシャルル・ルクレールは、F1中国GPの決勝序盤3番手を走っていた。しかしレースの早い段階でチームからチームメイトのセバスチャン・ベッテルを先行させるよう指示され、さらにその後は早めにピットストップを行なったマックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)にも先行されることとなった。

 ルクレールは、第2スティントを通じてフェルスタッペンの後方を走った、そして当初は10秒あった差を3秒まで縮めた際に、フェルスタッペンが2度目のピットストップを実施。フェラーリはルクレールをすぐにピットインさせることなく、古いタイヤのままコースに留まらせた。最終的にピットストップを行なった後もフェルスタッペンを追い付くまでには至らず……5位でレースを終えた。

「僕のレースを見返してみれば、もっと早くピットストップした方が良かったと思う」

 ルクレールはSky Sports F1のインタビューにそう語った。

「でもチームとしてレースをみれば、セブ(ベッテル)がポジションを上げるべくメルセデスを抑えるためには、正しいことをしたと思う。それが目標だったと信じている」

「それはうまくいかなかったけど、それが目標だった。少なくとも、それを試してみたんだ」

 フェラーリのチーム代表であるマッティア・ビノットは、ルクレールにはそう感じる”権利”があると語った。

 またビノット代表は、メルセデスの勢いが衰えていたのが見えたため、早々にベッテルを先行させ、どれだけ追いつくことができるか確認したかったと、ルクレールに”チームオーダー”を出した理由を説明している。

 ルクレールは、データを見て、エンジニアと話す前に、今回のチームオーダーについて”愚かなコメント”をしたくなかったと語る。しかしSky”混乱した午後だったか?”と尋ねられた際、次のように語った。

「少しね。僕は良いスタートを切った。その後、最初のスティントは少し難しかった」

「セブとの件については、全体像を理解する必要がある。全体像を把握するためには、エンジニアと話をし、その決断を理解しなきゃいけない。この決断についての説明があると確信している。そして、僕はそれを理解するだろう」

「とにかく、もう過去のことだ。今回のレースは僕にとっては素晴らしいモノではなかった。でも、今週末は全体的に、期待していたほど強くはなかった」

「予選はOKだった。でもFP1やFP2、そしてFP3では、燃料を多く搭載した状況で走ることができず、レースに挑むことになった。それは理想的なことじゃなかった」

「今日は全体的に良い1日じゃなかった。でも、僕らはもっと強くなって戻ってくる」

次の記事
ラッセルの苦境はチャンス? 下位チームで実力を証明した21世紀のドライバー5選

前の記事

ラッセルの苦境はチャンス? 下位チームで実力を証明した21世紀のドライバー5選

次の記事

ピットレーンスタートから印象的な走りを見せたアルボン、将来的なレッドブル昇格も?

 ピットレーンスタートから印象的な走りを見せたアルボン、将来的なレッドブル昇格も?
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
イベント 第3戦中国GP
サブイベント Race
ドライバー シャルル ルクレール
チーム フェラーリ 発売中
執筆者 Scott Mitchell