フェラーリ、18インチタイヤで初走行。10月には鈴鹿でハースがテスト実施へ

フェラーリは2月8日に18インチタイヤのテストを実施。改造を施した2019年マシンで130ラップを走破した。

フェラーリ、18インチタイヤで初走行。10月には鈴鹿でハースがテスト実施へ

 F1では2021年シーズンから、ホイールリム径が18インチに拡大されたタイヤが導入される予定となっている。フェラーリは、2月8日にスペインのヘレス・サーキットで2019年マシン『SF90』のミュールカー(テスト用に改造を施したマシン)を走らせ、18インチタイヤをテストした。

 今回のテストでステアリングを握ったのは、シャルル・ルクレール。霧の影響でスタートが遅れるというハプニングもあったが、計130周を走行した。なお、このテストでの走行写真は公開されていない。

 またF1タイヤサプライヤーのピレリは、今後の18インチタイヤテストの日程を発表した。このテストには10チーム全てが参加予定で、それぞれ最低2日間の走行が割り振られている。そんな中、メルセデス、フェラーリ、レッドブルの3チームはウエットタイヤのテスト用に追加の日程が組み込まれている。

 2020年シーズン開幕前に18インチタイヤのテストを行なうのはフェラーリのみ。彼らは3月5日にもフィオラノでウエットタイヤをテストする。また、中団チームは慌ただしいシーズン序盤でのタイヤテストを避けている傾向にある。

 その後は各チームが交代で、バーレーン、カタルニア、ポール・リカール、レッドブルリンク、シルバーストン、そして鈴鹿サーキットでテストを行なう。鈴鹿でのテストはF1日本GP開催直後の10月13日、14日に行なわれ、ハースが走行を実施する。

 今後の18インチタイヤテストの日程と担当チームは以下の通りだ。

2月8日……ヘレス(フェラーリ)

3月5日……フィオラノ(フェラーリ)※ウエット

3月24日……バーレーン(ルノー)

3月25日……バーレーン(メルセデス)

5月12日……カタルニア(レッドブル/アルファロメオ/ルノー)

5月13日……カタルニア(レッドブル/アルファロメオ)

5月26日……ポール・リカール(レッドブル)※ウエット

5月27日……ポール・リカール(レッドブル)※ウエット

7月7日……レッドブルリンク(アルファタウリ)

7月8日……レッドブルリンク(アルファタウリ)

7月21日……シルバーストン(レーシングポイント/ウイリアムズ/マクラーレン)

7月22日……シルバーストン(レーシングポイント/ウイリアムズ)

9月8日……ポール・リカール(マクラーレン)

9月9日……ポール・リカール(メルセデス/フェラーリ)

9月10日……ポール・リカール(メルセデス)※ウエット

9月11日……ポール・リカール(メルセデス)※ウエット

10月13日……鈴鹿(ハース)

10月14日……鈴鹿(ハース)

Read Also:

シェア
コメント
F1サウジアラビアGP開催計画は”桁外れ”。グロージャン「実現を心から願う」
前の記事

F1サウジアラビアGP開催計画は”桁外れ”。グロージャン「実現を心から願う」

次の記事

SF開幕戦の興奮冷めやらぬ鈴鹿にて、F1ベトナムGPパブリックビューイング実施!

SF開幕戦の興奮冷めやらぬ鈴鹿にて、F1ベトナムGPパブリックビューイング実施!
コメントを読み込む