サンパウロGPターン4事件、他のチームも行方を注視。ルクレール「結果でドライビングを調整する」

シャルル・ルクレールは、スチュワードがサンパウロGPでフェルスタッペンが見せたディフェンスにペナルティを科さないのであれば、アプローチを調整しなければいけないと語った。

サンパウロGPターン4事件、他のチームも行方を注視。ルクレール「結果でドライビングを調整する」

 F1第19戦サンパウロGPで起きた、マックス・フェルスタッペン(レッドブル)とルイス・ハミルトン(メルセデス)のバトルは、翌カタールGPのレースウィークに入っても尾を引いている。

 ふたりはサンパウロGP48周目のターン4で首位を争い、イン側のフェルスタッペンがオーバーシュート。アウト側からオーバーテイクを仕掛けたハミルトンと共に、ランオフエリアにはみ出してしまったのだ。その後、ハミルトンがオーバーテイクを成功させ優勝、フェルスタッペンが2位となった。

 だがメルセデスがオンボード映像を証拠にこの一件の再審を求めており、フェルスタッペンに何らかのペナルティが出される可能性も残っている。

Read Also:

 フェラーリのシャルル・ルクレールは、もしスチュワードがフェルスタッペンにペナルティを出さないのなら、自身のドライビングを調整すると語った。

「どんなシチュエーションでも、どんなスチュワードの判断にも、常に適応する必要があるんだ」

「オーストリアでマックスにペナルティが出ないと分かってからすぐに、シルバーストンでドライビングを変えたんだ」

 ルクレールの言うオーストリアとは、2019年のオーストリアGPのことだ。レース終盤、トップに立っていたルクレールは、イン側に飛び込んできたフェルスタッペンと接触。押し出されるような形となったルクレールは首位を失い、フェルスタッペンが優勝した。

 この際もペナルティは出されず、ルクレールは「もっとアグレッシブに戦う」と、ドライビングを調整するつもりだとコメントしていた。

「これはどのドライバーも同じだと思うけど、僕たちは常に許された限界の中でレースをしようとするんだ。もしあれ(サンパウロGPの一件)が許されるのなら、僕もそうするつもりだ」

「オーストリアとは少し違った状況だけど、あの後は少しハードにレースが出来るようになった。それはF1にとってもショーにとっても良いことだと思う。スチュワードがどう考えるか、それに委ねたいと思う」

 ルクレールは、この一件がどうなるか、自分の希望はないと付け加えた。

「正直なところ、僕は本当に気にしていないんだ。でも何が許されるのか、ドライバーとして明確にしておきたいんだ。僕にとっては、それが唯一の関心だ」

「もしアレが許されるのなら、アウトサイドからのオーバーテイクは非常に困難になるだろう。でもどんな状況になっても、どんな決定が下されても、僕はそれに自分のドライビングを合わせるだけだから、どちらでもいいよ」

 ルクレールのチームメイトであるカルロス・サインツJr.は、ドライバーたちがこの件に注目しているとしつつも、フェルスタッペンにペナルティが出なかったことに驚きはないと語った。

「ドライバーはあらゆるチャンスを利用してアドバンテージにしようとするものだ」と、彼は語った。

「以前のレースでペナルティが出ていなければ、自分が同じような立場になったときに同じようなことができるとよく分かっているんだ」

「イン側のクルマは、他のクルマをワイドに走らせることが出来ると思うけど、それを明確にする必要がある」

「最近はそういう状況が続いているんだ。しかし例えば今年のオーストリアのことを考えてみると、いくつか見直すべき点があるのではないだろうか」

「オーストリアで起こったことは、いくつかの点で非常によく似ている。だから、ドライバーズミーティングでは、ちょっとしたことを明確にするための会話が交わされるだろうね」

 
Read Also:

シェア
コメント
角田裕毅、サンパウロGP”10秒ペナルティ”に不満「完全に僕のせいじゃないはず」
前の記事

角田裕毅、サンパウロGP”10秒ペナルティ”に不満「完全に僕のせいじゃないはず」

次の記事

フェルスタッペン、レッドブル・ホンダに対するメルセデスF1の行動が「彼らの本性」を表している

フェルスタッペン、レッドブル・ホンダに対するメルセデスF1の行動が「彼らの本性」を表している
コメントを読み込む