F1
12 3月
-
15 3月
イベントは終了しました
R
第2戦バーレーンGP
19 3月
-
22 3月
次のセッションまで……
52 days
02 4月
-
05 4月
次のセッションまで……
66 days
R
第4戦中国GP
16 4月
-
19 4月
次のセッションまで……
80 days
R
第5戦オランダGP
30 4月
-
03 5月
次のセッションまで……
94 days
R
第6戦スペインGP
07 5月
-
10 5月
次のセッションまで……
101 days
R
第7戦モナコGP
21 5月
-
24 5月
次のセッションまで……
115 days
R
第8戦アゼルバイジャンGP
04 6月
-
07 6月
次のセッションまで……
129 days
R
第9戦カナダGP
11 6月
-
14 6月
次のセッションまで……
136 days
R
第10戦フランスGP
25 6月
-
28 6月
次のセッションまで……
150 days
R
第11戦オーストリアGP
02 7月
-
05 7月
次のセッションまで……
157 days
R
第12戦イギリスGP
16 7月
-
19 7月
次のセッションまで……
171 days
R
第13戦ハンガリーGP
30 7月
-
02 8月
次のセッションまで……
185 days
R
第14戦ベルギーGP
27 8月
-
30 8月
次のセッションまで……
213 days
R
第15戦イタリアGP
03 9月
-
06 9月
次のセッションまで……
220 days
R
第16戦シンガポールGP
17 9月
-
20 9月
次のセッションまで……
234 days
R
第17戦ロシアGP
24 9月
-
27 9月
次のセッションまで……
241 days
R
第18戦日本GP
08 10月
-
11 10月
次のセッションまで……
255 days
R
第19戦アメリカGP
22 10月
-
25 10月
次のセッションまで……
269 days
R
第20戦メキシコGP
29 10月
-
01 11月
次のセッションまで……
276 days
R
第21戦ブラジルGP
12 11月
-
15 11月
次のセッションまで……
290 days
R
第22戦アブダビGP
26 11月
-
29 11月
次のセッションまで……
304 days

「チャンピオンから学習できる」ルクレール、ハミルトンの“フェラーリ加入”を歓迎

シェア
コメント
「チャンピオンから学習できる」ルクレール、ハミルトンの“フェラーリ加入”を歓迎
執筆:
2019/12/05 9:07

フェラーリのシャルル・ルクレールは、チームがルイス・ハミルトン獲得を試みているという噂に対して、「チームメイトとして歓迎する」と語った。

 2019年のF1最終戦アブダビGPを通じて、2020年でメルセデスとの契約が切れるルイス・ハミルトンが、2021年はフェラーリに移籍するのではないか、という“噂”がパドックを駆け巡った。その噂に対して、同チームのシャルル・ルクレールはハミルトンがチームメイトになるとしたら歓迎すると語った。

Read Also:

 ハミルトンのフェラーリ移籍という噂は、彼のメルセデスとの契約が2020年で切れることに加え、フェラーリ会長のジョン・エルカーンとハミルトンが会談を持ったという情報が結び付けられたものだ。

 また、フェラーリのチーム代表であるマッティア・ビノットも、ハミルトンが2021年に“獲得可能”なことは喜ばしいことだと語っていた。しかしハミルトン自身は、以前にメルセデス残留が望ましいと述べている。

 もしハミルトンがフェラーリへ加入した場合、彼を歓迎するのかと訊かれたルクレールは、次のように答えた。

「もちろんだ。結局の所、僕らはF1の世界にいて、ベストな相手と戦うことを望んでいる」

「僕は今年、セブ(セバスチャン・ベッテル)という4度の世界チャンピオンの隣で戦うという、大きなチャンスを得た。そして彼からたくさんのことを学んだよ」

「“チャンピオン”からは常に学ぶことができる。だからもちろん歓迎するよ」

 ルクレールはフェラーリ1年目となった2019年シーズンを、ベッテルを24ポイント上回ってランキング4位で終えた。ベッテルがチームメイトに敗れるのは、レッドブル時代の2014年、対ダニエル・リカルド以来のことだ。

 一方で、ハミルトンはフェラーリ会長と会談を行なったという噂を認めておらず、自身の去就については、メルセデスのチーム代表であるトト・ウルフの継続的な関与が決定の要因になると話している。

「普通、秘密に行なわれているすべての事は、言うまでもなくプライベートなことなんだ。誰とでも席を共にできる」

「僕は他の選択肢は長い間考えてすら来なかった。なぜなら僕らは一直線にこの道を進んできたからだ」

「正直に言って、僕はまだ自分たちがその道にいると思っているし、そこから変更する事は殆どないと思ってもいる」

「トトが、彼の将来における選択肢を考えていることは分かっている。何が彼と彼の家族にとってベストな選択なのかは彼だけが知っているんだ」

「だから、僕は待ってみたい。彼が何をするかを見るためにもね」

「僕は自分のいる所が大好きだから、何か他のことをしようと性急な決定を下すことは間違いなく無い。でももちろん、自分のキャリアの最後の期間に、自分が何をしたいのかをじっくり考えること自体は、賢くて思慮あるものだとも思うよ」

Read Also:

次の記事
ラッセル、予選でクビサに全勝「皆が思っているより難しいこと。誇りに思う」

前の記事

ラッセル、予選でクビサに全勝「皆が思っているより難しいこと。誇りに思う」

次の記事

F1のレース終了シグナル、チェッカーフラッグが優先に。日本GPのエラー受け変更

F1のレース終了シグナル、チェッカーフラッグが優先に。日本GPのエラー受け変更
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
ドライバー シャルル ルクレール , ルイス ハミルトン 発売中
チーム Scuderia Ferrari
執筆者 Jake Boxall-Legge