F1
02 4月
-
05 4月
イベントは終了しました
30 4月
-
03 5月
イベントは終了しました
R
第6戦スペインGP
07 5月
-
10 5月
イベントは終了しました
21 5月
-
24 5月
イベントは終了しました
04 6月
-
07 6月
次のセッションまで……
4 days
11 6月
-
14 6月
次のセッションまで……
11 days
25 6月
-
28 6月
Postponed
02 7月
-
05 7月
次のセッションまで……
32 days
16 7月
-
19 7月
次のセッションまで……
46 days
R
第13戦ハンガリーGP
30 7月
-
02 8月
次のセッションまで……
60 days
27 8月
-
30 8月
次のセッションまで……
88 days
R
第15戦イタリアGP
03 9月
-
06 9月
次のセッションまで……
95 days
R
第16戦シンガポールGP
17 9月
-
20 9月
次のセッションまで……
109 days
R
第17戦ロシアGP
24 9月
-
27 9月
次のセッションまで……
116 days
08 10月
-
11 10月
次のセッションまで……
130 days
22 10月
-
25 10月
次のセッションまで……
144 days
R
第20戦メキシコGP
29 10月
-
01 11月
次のセッションまで……
151 days
R
第21戦ブラジルGP
12 11月
-
15 11月
次のセッションまで……
165 days
R
第22戦アブダビGP
26 11月
-
29 11月
次のセッションまで……
179 days

F1オーナー企業のリバティ・メディアCEO、2019年の報酬は47億円以上!

シェア
コメント
F1オーナー企業のリバティ・メディアCEO、2019年の報酬は47億円以上!
執筆:
2020/04/15 2:08

リバティ・メディアの社長兼CEOであるグレッグ・マッフェイは、2019年に総額4400万ドル(約47億円)以上にも及ぶ報酬を受け取ったことが明らかになった。

 リバティ・メディアは、同社の社長兼CEOであるグレッグ・マッフェイの2019年の報酬額が、4400万ドル(約47億円)を超える額だったことを明らかにした。

 F1のオーナー企業であるリバティ・メディア。同社の社長兼CEOであるマッフェイは、F1を始め、メジャーリーグチームのアトランタ・ブレーブス、ラジオ・ネットワークであるSirius XMなど、同社の主要な投資プロジェクトを監督する立場にいる。

 そのマッフェイCEOの報酬額が、5月に行なわれる予定の年次株主総会に先立ち、今週アメリカの証券取引委員会に提出された声明により明らかになった。

 これによれば、マッフェイCEOの報酬額はそれ以前と比較して大幅に増加し、44,045,070ドル(47億1546万5194円/4月15日の為替レートによる)になったという。なお2017年の報酬は1980万ドル(約21億2000万円)、2018年は2010万ドル(約21億5200万円)だった。

 リバティ・メディアは声明で、マッフェイが挙げた実績が、報酬額引き上げを後押ししたと説明した。

「我々の報酬委員会は、マッフェイの2019年のパフォーマンスを評価した。そしてF1の戦略的なイニシアチブを支え、SiriusXMのフランチャイズを拡張した、彼の努力に注目した」

 昨年の12月、マッフェイは300万ドル(約3億2000万円)の固定基本給で、契約を5年間延長している。この契約には、基本給に加え「500万ドル(約5億3500万円)の1回限りのボーナス、1700万ドル(約18億1900万円)の年間目標パフォーマンスボーナス、前払いおよび年次の株式特典」が付け加えられているという。

 なお、リバティ・メディアのF1を含む2019年の全てのビジネスにおける平均給与額は9万3055ドル(約995万円)、つまりマッフェイCEOの1/473であったことも明らかになっている。

 しかし2020年のリバティ・メディアは、財政面でのいくつかの課題に直面している。新型コロナウイルスの感染拡大により、F1はもちろん、メジャーリーグやそのほかのチケット販売などが大打撃を受けているのだ。

Read Also:

次の記事
シーズン再開後は“超忙しい”? アルファロメオF1代表「追い上げる時間が足りない」

前の記事

シーズン再開後は“超忙しい”? アルファロメオF1代表「追い上げる時間が足りない」

次の記事

F1ドライバーは何に乗っても速い? NASCARをドライブしたF1スターたち

F1ドライバーは何に乗っても速い? NASCARをドライブしたF1スターたち
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
執筆者 Adam Cooper