F1
21 5月
-
24 5月
Canceled
04 6月
-
07 6月
Canceled
11 6月
-
14 6月
Postponed
25 6月
-
28 6月
Postponed
02 7月
-
05 7月
イベントは終了しました
09 7月
-
12 7月
イベント 進行中 . . .
R
ハンガリーGP
16 7月
-
19 7月
次のセッションまで……
6 days
31 7月
-
02 8月
次のセッションまで……
21 days
R
F1 70周年記念GP
06 8月
-
09 8月
次のセッションまで……
27 days
R
スペインGP
13 8月
-
16 8月
次のセッションまで……
34 days
27 8月
-
30 8月
次のセッションまで……
48 days
R
イタリアGP
03 9月
-
06 9月
次のセッションまで……
55 days
R
シンガポールGP
17 9月
-
20 9月
Canceled
R
ロシアGP
24 9月
-
27 9月
次のセッションまで……
76 days
08 10月
-
11 10月
Canceled
22 10月
-
25 10月
次のセッションまで……
104 days
R
メキシコGP
29 10月
-
01 11月
次のセッションまで……
111 days
R
ブラジルGP
12 11月
-
15 11月
次のセッションまで……
125 days
R
アブダビGP
26 11月
-
29 11月
次のセッションまで……
139 days

ロンドンでのF1開催に自治体も前向き? 市長「開催は可能なはず」

シェア
コメント
ロンドンでのF1開催に自治体も前向き? 市長「開催は可能なはず」
執筆:
2018/12/20 2:58

ロンドンでのレース開催を熱望しているF1に対し、ロンドン市長は開催できるはずだとコメントした。

 ロンドンでのグランプリ開催は、F1オーナーのリバティ・メディアが熱望しているものの、ここ数年は実現不可能だと思われてきた。しかしロンドン市長のサディク・カーンが前向きなコメントをしたことにより、ロンドンGP開催の見通しに光明が見えてきたようだ。

 現在イギリスでF1を開催しているシルバーストンは、長期間に渡る開催契約を途中破棄。その後、契約を更新することができていない。

 今週、シルバーストンを所有する英国レーシングドライバーズクラブ(BRDC)がF1側にオファーを提示したと報道されたものの、BRDCはこれを否定している。

 しかしながら、リバティ・メディアは英国での開催を維持したいと明言しており、ロンドンでレースをするという選択肢を検討している。

 大都市であるロンドンでのグランプリ開催は、ロジスティック面で多くの課題があるが、ロンドン市長のカーンは開催が現実的なものだと考えているようだ。

 市長執務室の広報担当は、次のように述べた。

「ロンドンは、UEFAユーロ2020の決勝やNFL、クリケットのワールドカップからメジャーリーグなどなど、世界で最大かつ最高のスポーツイベントをを開催することに、常にオープンでいます」

「市長は、将来的にロンドンでレースを行うことは可能なはずだと信じています。そして、F1を開催する選択肢を探すことを要請しました」

 F1はストリートコースでの開催を増やそうとしているようで、2020年にはベトナムのハノイでレースが行われる予定だ。

 F1スポーティングディレクターのロス・ブラウンは、ロンドンの新聞によるインタビューに応え、都市周辺部でのレース開催が最善の選択肢だと語った。

「F1は1週間におよぶイベントなので、ロンドン中心部で起きる混乱は受け入れられないだろう」

「しかし、グレーター・ロンドンの中心部ではなく、周辺部でなら可能性があると思う」

「ロンドンがシルバーストンの代わりになるのではなく、シルバーストンを補完することになるのではないかと思う。ふたつを両立させる方法を見出すことができるはずだ」

 ロンドンでは、フォーミュラEがシーズン1とシーズン2にレースを開催したが、バタシー・パーク内に作られたサーキットを走ったのみだ。

次の記事
ルノー、PU開発で大きく前進? ”復活”に向け期待を寄せるマクラーレン

前の記事

ルノー、PU開発で大きく前進? ”復活”に向け期待を寄せるマクラーレン

次の記事

ルクレールはライコネンほど友好的じゃない? ベッテルに求められる進歩とは

ルクレールはライコネンほど友好的じゃない? ベッテルに求められる進歩とは
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
執筆者 Scott Mitchell