F1
03 7月
イベントは終了しました
10 7月
イベントは終了しました
17 7月
イベントは終了しました
31 7月
イベントは終了しました
07 8月
イベントは終了しました
14 8月
FP3 まで
18 時間
:
28
:
51
28 8月
次のセッションまで……
13 days
R
イタリアGP
04 9月
次のセッションまで……
20 days
R
トスカーナ・フェラーリ1000・2020ムジェロGP
11 9月
次のセッションまで……
27 days
R
ロシアGP
25 9月
次のセッションまで……
41 days
R
アイフェルGP
09 10月
次のセッションまで……
55 days
23 10月
次のセッションまで……
69 days
R
エミリアロマーニャGP
31 10月
次のセッションまで……
77 days

F1ブラジルGPが消滅すれば、国内レース界は衰退する? プロモーターが危惧

シェア
コメント
F1ブラジルGPが消滅すれば、国内レース界は衰退する? プロモーターが危惧
執筆:
2020/07/29 12:53

ブラジルGPのプロモーターであるタマス・ロホニーは、F1からこのイベントが失われてしまえば、ブラジルのモータースポーツの将来は苦しくなると警告している。

 1973年に初開催されたF1ブラジルGPは、以来F1シーンに欠かせない存在となっていたが、2020年は新型コロナウイルス流行の影響で、正式に中止が決まった。インテルラゴスで行なわれている同イベントのプロモーターであるタマス・ロホニーは現状を鑑み、ブラジルのモータースポーツの将来を案じている。

Read Also:

 F1のCEOであるチェイス・キャリーは、ブラジルGPの開催地をインテルラゴスからリオデジャネイロに変更しようとしているが、サーキットの建設や契約の最終決定など、進捗は思わしくない。特に前者に関してはサーキット建設の承認を必要としている状況だ。

 ロホニーは、インテルラゴスでのレース開催を継続するための契約が成立しない限り、ブラジルのレースシーンは長期的なダメージを受ける可能性があると示唆した。

「F1に限らず、他のあらゆるカテゴリーがそれ(契約)に依存している状況だ」とロホニーはmotorsport.comに語った。

「たとえ『伝統がある』ということが唯一の売りであったとしても、ここが重要な開催地であると私は信じたい」

 F1ではこれまで、エマーソン・フィッティパルディ、ネルソン・ピケ、アイルトン・セナという3人のブラジル人ドライバーが合わせて8度のF1ワールドチャンピオンに輝いており、近年でもルーベンス・バリチェロやフェリペ・マッサなどのグランプリウィナーを輩出している。マッサが2017年限りでF1を引退して以来、ブラジル人ドライバーがF1のグリッド上にいないとは言え、国内ではモータースポーツの文化が十分に根付いていると言えるが、ロホニーはそういった現状も危ういと語る。

「ブラジルの自動車スポーツ協会の会長とも話したが、彼はこう言った。『あのレース(ブラジルGP)を失うと、ブラジルのモーターレーシングのこの先40年は死んだも同然だ』と。カートに乗っている少年たちは皆いつの日かF1に行きたいと思っているが、彼らは競技をやめてしまうだろう」

「ご存知の通り、ブラジルには全仏オープンを複数回制したグスタボ・クエルテンという偉大なテニスプレイヤーがいる。彼がローラン・ギャロス(全仏オープン)で大スターのような存在となった時、多くの子供達がテニスを始めた。そして彼がいなくなった時、子供たちはまたサッカーをするようになった」

 

Read Also:

Related video

F1初開催のムジェロ、やはり追い抜きは難しい?「予選は楽しみだけど……」とノリス

前の記事

F1初開催のムジェロ、やはり追い抜きは難しい?「予選は楽しみだけど……」とノリス

次の記事

使えるのは今季限り、それでも……メルセデス、DASの研究・開発を継続

使えるのは今季限り、それでも……メルセデス、DASの研究・開発を継続
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
イベント ブラジルGP
執筆者 Adam Cooper