ウイリアムズはポイントシステム拡大に賛成「モチベーションになる」

シェア
コメント
ウイリアムズはポイントシステム拡大に賛成「モチベーションになる」
Adam Cooper
執筆: Adam Cooper
2018/09/13 0:42

ウイリアムズのテクニカルチーフであるパディ・ロウは、ポイントが与えられる対象をトップ10から拡大するという提案について、肯定的な態度を見せた。

 ウイリアムズのテクニカルチーフを務めるパディ・ロウは、ポイント付与の対象をトップ10から拡大するという変更案を支持しているようだ。

 F1経営陣は、2021年に技術規則が大きく変更されるのに合わせて、競技規則についても変更する可能性を模索している。

 そのひとつが、ポイントシステムの変更だ。現在はトップ10までにポイントが与えられているが、メルセデスやフェラーリ、レッドブルによってそのうちのトップ6までが独占されている状態のため、トップ10圏外のバトルにも意味を持たせるべく、ポイントを与える対象を拡大することを検討しているのだ。

 また、トラブルによってレースに出遅れたドライバーにも走る意味が生まれる。今年のベルギーGPでは、ダニエル・リカルド(レッドブル)がオープニングラップの多重クラッシュに巻き込まれ、リヤウイングを損傷。これを交換し走行を再開したが、2周遅れでポイント獲得が絶望的だったため、レース前半でリタイアを決めた。

 今季のウイリアムズはパフォーマンスに苦しんでおり、ランス・ストロールとセルゲイ・シロトキンは完走率こそ高いものの、そのポジションは12位〜17位といった位置が多く、これまで計7ポイント獲得のコンストラクターズランキング最下位となっている。

「ポイントシステムを変更するという、FOMの提案のことを実際に考えている」と、ロウはmotorsport.comに語った。

「私はそれがかなりポジティブに受け取られたと考えている。F1というスポーツが発展する一方で、F1のポイントシステムは釣り合いが取れていないと思う」

「上位15台、あるいは20台全てにポイントが与えられるのが良いだろう」

 ロウは、ポイント付与の対象が増えることでサーキットに帯同するスタッフだけでなく、のモチベーションにつながると話した。

「我々が今年達成していることのひとつは、ライバルたちよりもはるかに信頼性を発揮し、2台のマシンがフィニッシュしているということだ。だがそれに対する報酬は得られていない」

「そのマシンが速いか遅いかによらず、チームは長い時間をかけてそれが故障していないかどうかを確認しなければならない。しかしそれで何かが得られるわけではないんだ」

「私は、(ポイントシステムの変更が)みんなの励みになると思う。サーキットにいる人々だけでなく、チームの拠点にいる何百人ものスタッフにとってもだ。難しい仕事だが、そういったポイントが人々のモチベーションのつながるのではないかと思う」

次の記事
クビサ、来季F1シートを得られなければ、復帰を諦める?

前の記事

クビサ、来季F1シートを得られなければ、復帰を諦める?

次の記事

「ホンダPUの進歩は予想以上」中団争いのライバルが語る

「ホンダPUの進歩は予想以上」中団争いのライバルが語る
Load comments

この記事について

シリーズ F1
執筆者 Adam Cooper