F1
03 7月
イベントは終了しました
10 7月
イベントは終了しました
17 7月
イベントは終了しました
31 7月
イベントは終了しました
07 8月
イベントは終了しました
14 8月
次のセッションまで……
2 days
28 8月
次のセッションまで……
16 days
R
イタリアGP
04 9月
次のセッションまで……
23 days
R
トスカーナ・フェラーリ1000・2020ムジェロGP
11 9月
次のセッションまで……
30 days
R
ロシアGP
25 9月
次のセッションまで……
44 days
R
アイフェルGP
09 10月
次のセッションまで……
58 days
23 10月
次のセッションまで……
72 days
R
エミリアロマーニャGP
31 10月
次のセッションまで……
80 days

マグヌッセン&グロージャンに10秒ペナルティ。”ドライバーへの支援”違反

シェア
コメント
マグヌッセン&グロージャンに10秒ペナルティ。”ドライバーへの支援”違反
執筆:
, Grand prix editor
2020/07/19 20:37

ハースのドライバーであるロマン・グロージャンとケビン・マグヌッセンは、ハンガリーGPのフォーメーションラップで指示を受けたことについて、10秒のタイム加算ペナルティを受けることになった。

 F1第3戦ハンガリーGP決勝は、スタート時の路面はウエットコンディションだった。そのためグリッド上の全車がウエットタイヤもしくはインターミディエイトタイヤを履いてフォーメーションラップをスタートさせた。ハースもロマン・グロージャンにウエットタイヤを、ケビン・マグヌッセンにインターミディエイトタイヤを履かせた。

Read Also:

 しかしコンディションは急速に回復。路面も実に早く乾いていた。そのためハースは、フォーメーションラップ終了時にふたりをスターティンググリッドには並ばせずピットに呼び戻し、ドライタイヤに交換させた。

 この戦略が功を奏し、全車がドライタイヤへの交換を終えた際には、3番手と4番手を走行。その後徐々にポジションを落としたものの、マグヌッセンは9位でフィニッシュし、今季初のポイントを手にした。

 しかしレース後、スチュワードはハースのふたりを調査対象とした。今回ハースがふたりのドライバーに指示したことは、スポーティングレギュレーションの第27.1条に違反しているのではないかと疑われたのだ。

 当該の条項では、以下のように規定されている。

「ドライバーは、1人で援助なしに運転しなければならない」

 レース中、ドライバーは無線で指示を受けることができるが、スタート前は受信することができる無線での指示が制限されているのだ。

 スチュワードは、ハースの代表者から聞き取りを行ない、チームが運転援助に関する規則に違反したと判断した。

「スチュワードは、今回の問題を広範囲に検討した結果、チームがドライバーに対して、ピットインするように指示したと判断した」

 FIAの公示にはそう書かれている。

「チームは、技術指令011-17のパラグラフA.2.a)からg)で規定されている免除が適用できることを証明できなかった」

「したがってスチュワードは、スポーティング・レギュレーションの27.1条に違反があったと考える」

 この裁定の結果、ハースのふたりにはそれぞれ10秒のタイム加算ペナルティが科されることになった。これによりマグヌッセンは、ひとつ順位が降格したものの、10位で1ポイントを手にした。またグロージャンもひとつ順位を落とし、16位となった。

Read Also:

ルノー、レーシングポイントを再び抗議。今度は当該パーツを押収せず

前の記事

ルノー、レーシングポイントを再び抗議。今度は当該パーツを押収せず

次の記事

レコノサンスでクラッシュ……からの望外の2位。フェルスタッペン「勝利に匹敵する」

レコノサンスでクラッシュ……からの望外の2位。フェルスタッペン「勝利に匹敵する」
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
イベント ハンガリーGP
チーム ハースF1チーム
執筆者 Luke Smith