トップ3が強すぎる現状に、マグヌッセン「Bクラスを争うだけでは少し退屈」

シェア
コメント
トップ3が強すぎる現状に、マグヌッセン「Bクラスを争うだけでは少し退屈」
Jonathan Noble
執筆: Jonathan Noble
協力: Lucy Morson
2018/12/05 7:09

ハースのケビン・マグヌッセンは2018年シーズンを振り返り、自身の戦いを楽しむことはできたものの、”Bクラス”を争うためだけに戦うのは「少し退屈だ」と語る。

 ハースのケビン・マグヌッセンは今季をランキング9位で終えた。これは彼にとって自身ベストのシーズン成績である。また彼の所属チームであるハースも、チームベストのコンストラクターズランキング5位を獲得した。

 今シーズン特に顕著だったのは、トップ3チームの強さである。メルセデス、フェラーリ、レッドブルが各グランプリを席巻し、彼ら以外のチームが表彰台を獲得したのは、アゼルバイジャンGPのセルジオ・ペレス(フォースインディア)の3位のみだった。

 そんな状況に満足できなかったことを、マグヌッセンは認めている。

「それは僕を苛立たせる」

 そうマグヌッセンは語る。

「”Bクラスの首位”を争うための戦いは、エキサイティングじゃない」

「そのことは、僕を全くワクワクさせない。そのポジションのことだけを話すのは、ちょっと退屈だ」

「表彰台に上った時に、そしてポールポジションやチャンピオンになるのがどんな気分だったか、もうほとんど忘れてしまった。そういうチャンスがあった時からは、かなり時間が経ってしまったからね」

「本当に残念なことだ。でも、それが起きていることだ」

 2019年にはレギュレーションが大きく変更されるが、これで勢力図が変わらなければ、次のレギュレーション変更が行われる2021年まで、現在の状況が続いていく可能性がある。

「それを心配すべきかどうかは分からない。それはそれだ」

 そうマグヌッセンは語る。

「少なくともトップ3チームを除けば、僕は良いチームにいる。そして、僕らはBクラスでベストを獲得するために戦っている」

「僕は以前、底辺のチームにいたことがある。それは当然ながら楽しいことじゃなかった。少なくともここでは、ポイント獲得のために戦っているし、いくつかのライバルとも争っている」

「最も遅いチームで走り、ライバルと戦うことができなければ、ただ走っているだけだ。それよりは良いかもしれない。でも、僕はレースに勝つこと、チャンピオンを争うこと、タイトルを獲るという感覚を忘れてしまっている」

次の記事
レッドブル、タグ・ホイヤーとのパートナーシップを継続

前の記事

レッドブル、タグ・ホイヤーとのパートナーシップを継続

次の記事

不安定なマシンに翻弄され……サインツJr.、予選パフォーマンスへの影響を嘆く

不安定なマシンに翻弄され……サインツJr.、予選パフォーマンスへの影響を嘆く
Load comments

この記事について

シリーズ F1
ドライバー ケビン マグヌッセン
チーム ハースF1チーム
執筆者 Jonathan Noble