マグヌッセン、トップ3チーム除外の”クラスB選手権”妄想。タイトル獲得を目指す

シェア
コメント
マグヌッセン、トップ3チーム除外の”クラスB選手権”妄想。タイトル獲得を目指す
執筆: Scott Mitchell
2018/08/18 9:14

ハースのマグヌッセンは、トップ3チームを除外した”クラスBチャンピオンシップ”を計算し、そのタイトル獲得を目指しているという。

 ハースのケビン・マグヌッセンは、フェラーリやメルセデス、レッドブルを除外した”クラスBチャンピオンシップ”を独自に計算しており、そのチャンピオン獲得を目指していると語った。

 マグヌッセンは今季第12戦ハンガリーGPまでに45ポイントを獲得。ドライバーズランキングでは7位のニコ・ヒュルケンベルグ(ルノー)と7ポイント差の、ランキング8位につけている。

 しかしランキング6位のマックス・フェルスタッペン(レッドブル)は105ポイントを獲得しており、ヒュルケンベルグとマグヌッセンのポイントを合計しても届かない位置にいる。それほどフェラーリやメルセデス、レッドブルのトップ3チームと、それ以外のチームとのパフォーマンスには大きな隔たりがあるのだ。

 マグヌッセンは「僕は頭の中で、”クラスB”チャンピオンシップを作り出すのが好きだ」とmotorsport.comに話した。

「そんなものは存在しないということは分かっている。だけど僕は自分のモチベーションを上げるためにそれを考えているんだ」

「トップ3のチームを除外してしまうんだ。それでも、僕たちは中団争いの中で2つか3つのチームと戦っているし、その戦いは僕が本当に勝ちたいと思っているものだ」

 マグヌッセンは、スペインGPとフランスGPで”クラスA”にあたるトップ3チームに次ぐ6位でフィニッシュしている。つまり、クラスBチャンピオンシップでは優勝していることになるわけだ。

 2014年にマクラーレンからF1デビュー。その開幕戦オーストラリアGPで表彰台を獲得しているものの、フォーミュラ・ルノー 3.5でタイトルを獲得した2013年以来、勝利から遠ざかっている。

「F1に来てからずっと、優勝というのを全く味わっていない」

「僕のF1デビュー戦となったオーストラリアで3番手でフィニッシュし、2位(レッドブルのダニエル・リカルドが最大燃料流量違反で失格)となった。でもその時も、レースに勝ったような気持ちにはならなかった。ただ3位になったというだけだった」

「今の僕は、自分の頭の中で作ったこの大きなチャンピオンシップに集中することができている。そして他のドライバーを倒した時、(優勝したのと)同じ気持ちを感じられるんだ」

「僕はトップ3チームのことは気にしない。彼らは別のリーグにいるようなものだ」

「中団チームのトップに立った時、僕はそういった気持ちになれて、大いにやる気が湧くんだ」

 ハースとの2年契約が今季限りで切れるマグヌッセンだが、契約は延長される見込みだ。

「トップチームにいない時、優勝やチャンピオンシップを争うことができない時、何を望む?」

「それは良いマシンをくれて、ポイントやクラスBチャンピオンシップを争うことができる、安定したチームだ」

「おそらく、僕は”クラスB”の中でベストなマシンを持っている。それ以上望むものはない」

F1”非公式”クラスBチャンピオンシップランキング

 F1の歴史では1987年に一度だけ、公式に”クラスBチャンピオンシップ”が行われたことがある。

 1988年を最後にターボエンジンが禁止(2014年にパワーユニットという形で復活)される直前、一足早く自然吸気(NA)エンジンを使用するチームとドライバーを対象に、『ジム・クラーク・トロフィー(ドライバー向け)』と『コリン・チャップマン・トロフィー(コンストラクター向け)』が設けられたのだ。ちなみにティレルとジョナサン・パーマーが両タイトルを制している。

 その翌年は、性能調整の結果ターボ勢とNAエンジン勢の差が小さくなったため、1年しか行わなかった幻のタイトルだ。

 マグヌッセンが計算しているクラスBチャンピオンシップを実際に再現してみると、以下のようになる。

 前述したように、マグヌッセンが”2勝”を挙げてランキング2位。4勝しているヒュルケンベルグが首位だ。ピエール・ガスリー(トロロッソ)も2勝を挙げているが、ランキングは7位だ。

 その他に、フェルナンド・アロンソ(マクラーレン)やロマン・グロージャン(ハース)、フォースインディアのセルジオ・ペレスとエステバン・オコンもクラスBで優勝を果たしている。

Pos

Driver

Team

Points

1

ニコ・ヒュルケンベルグ ルノー

169  

2

ケビン・マグヌッセン

ハース

147  

3

カルロス・サインツJr.

ルノー

133  

4

フェルナンド・アロンソ

マクラーレン

123  

5

エステバン・オコン

フォースインディア

113  

6

セルジオ・ペレス

フォースインディア

106  

7

ピエール・ガスリー

トロロッソ

89  

8

ロマン・グロージャン ハース

74  

9

シャルル・ルクレール

ザウバー

65  

10

ストフェル・バンドーン マクラーレン

62  

11

マーカス・エリクソン ザウバー

52  

12

ブレンドン・ハートレー トロロッソ

34  

13

ランス・ストロール ウイリアムズ

33  

14

セルゲイ・シロトキン ウイリアムズ

9  

次の F1 ニュース
70%は左手でこなしている? クビサ、負傷復帰後のドライブを語る

前の記事

70%は左手でこなしている? クビサ、負傷復帰後のドライブを語る

次の記事

ルノー、ベルギーGPでフロアをアップデート。来季用コンセプトもテスト

ルノー、ベルギーGPでフロアをアップデート。来季用コンセプトもテスト
Load comments

この記事について

シリーズ F1
ドライバー ケビン マグヌッセン
チーム ハースF1チーム
執筆者 Scott Mitchell
記事タイプ 速報ニュース