F1
28 3月
イベントは終了しました
R
エミリア・ロマーニャGP
16 4月
次のセッションまで……
3 days
R
ポルトガルGP
30 4月
次のセッションまで……
17 days
R
スペインGP
06 5月
次のセッションまで……
23 days
R
モナコGP
20 5月
次のセッションまで……
37 days
R
アゼルバイジャンGP
03 6月
次のセッションまで……
51 days
R
カナダGP
10 6月
次のセッションまで……
58 days
R
フランスGP
24 6月
次のセッションまで……
72 days
R
オーストリアGP
01 7月
次のセッションまで……
79 days
R
イギリスGP
15 7月
次のセッションまで……
93 days
R
ハンガリーGP
29 7月
次のセッションまで……
107 days
R
ベルギーGP
26 8月
次のセッションまで……
135 days
R
オランダGP
02 9月
次のセッションまで……
142 days
R
イタリアGP
09 9月
次のセッションまで……
149 days
R
ロシアGP
23 9月
次のセッションまで……
163 days
R
シンガポールGP
30 9月
次のセッションまで……
170 days
07 10月
次のセッションまで……
177 days
R
アメリカGP
21 10月
次のセッションまで……
191 days
R
メキシコGP
28 10月
次のセッションまで……
198 days
R
ブラジルGP
05 11月
次のセッションまで……
206 days
03 12月
次のセッションまで……
234 days
R
アブダビGP
12 12月
次のセッションまで……
243 days

レッドブル、来季のラインアップは”クリスマス”までに決定「今回のアルボンは力強かった」

レッドブルのモータースポーツアドバイザーであるヘルムート・マルコは、マックス・フェルスタッペンの来季チームメイトの決定はクリスマスまでに行なわれるだろうと語った。

レッドブル、来季のラインアップは”クリスマス”までに決定「今回のアルボンは力強かった」

 レッドブルは、アレクサンダー・アルボンを来季もマックス・フェルスタッペンのチームメイトに起用するかどうかを検討をしている。アルボンの対抗馬は、レーシングポイントから放出されることが決まっているセルジオ・ペレスだ。

 レッドブルはシーズン終了後までドライバー決定を遅らせ、アルボンが自身の実力を示す猶予を与えた。そして最終戦のアブダビGPでは、5番グリッドからスタートしたアルボンは力強い走りを見せ、ルイス・ハミルトン(メルセデス)に2秒差の4位でレースを終えた。

Read Also:

 レッドブルのモータースポーツスポーツアドバイザーを務める重鎮であるヘルムート・マルコは、「彼にとってベストレースのひとつだった」とmotorsport.comに語った。

「我々はクリスマス前までによく考えて決断を下すだろう」

「すべてのデータを調べなければならない。検討すべきことがたくさんあるからね」

 レッドブルのチーム代表であるクリスチャン・ホーナーも、近日中に決定をすると認めた。

「我々はこれまで、シーズン終わりに決断を下すと言ってきた」

「今週末のアレックスはおそらく、最も力強いレースウィークエンドを過ごしたと思う。彼にとっては励みになっただろう。シーズンの全容が見えたので、我々は近日中に決断をすることになるだろう」

「もちろん、今は膨大なデータがある。様々なサーキットで得た知識をすべて持っているので、それをもとにして正しい結論を出すことになるだろう」

 ホーナーは、アルボンがアブダビで求められた仕事をこなしたと評価した。それはレッドブルが2台揃って上位を走ることで、メルセデスのレースをより困難にするということだ。

「それは確かに我々が期待していたことだ。それがメルセデスにプレッシャーをかけることができる唯一の方法だからだ。例えば彼らが戦略を分けていたとしたら危なかっただろうし、レース終盤にアレックスが彼らに迫ることができた」

「最初のスティントでセーフティカーが出たことで戦略が同じになり、彼(ハミルトン)は後退していた。しかしアレックスは良いレースをしてくれたと思うし、堅実な週末を過ごしたよ」

Read Also:

シェア
コメント
【F1アブダビ若手ドライバーテスト】参加ドライバーリスト

前の記事

【F1アブダビ若手ドライバーテスト】参加ドライバーリスト

次の記事

【フォトギャラリー】F1若手ドライバーテスト

【フォトギャラリー】F1若手ドライバーテスト
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
ドライバー アレクサンダー アルボン
チーム レッドブル・ホンダ
執筆者 Adam Cooper