F1
12 3月
-
15 3月
イベントは終了しました
R
第2戦バーレーンGP
19 3月
-
22 3月
次のセッションまで……
56 days
02 4月
-
05 4月
次のセッションまで……
70 days
R
第4戦中国GP
16 4月
-
19 4月
次のセッションまで……
84 days
R
第5戦オランダGP
30 4月
-
03 5月
次のセッションまで……
98 days
R
第6戦スペインGP
07 5月
-
10 5月
次のセッションまで……
105 days
R
第7戦モナコGP
21 5月
-
24 5月
次のセッションまで……
119 days
R
第8戦アゼルバイジャンGP
04 6月
-
07 6月
次のセッションまで……
133 days
R
第9戦カナダGP
11 6月
-
14 6月
次のセッションまで……
140 days
R
第10戦フランスGP
25 6月
-
28 6月
次のセッションまで……
154 days
R
第11戦オーストリアGP
02 7月
-
05 7月
次のセッションまで……
161 days
R
第12戦イギリスGP
16 7月
-
19 7月
次のセッションまで……
175 days
R
第13戦ハンガリーGP
30 7月
-
02 8月
次のセッションまで……
189 days
R
第14戦ベルギーGP
27 8月
-
30 8月
次のセッションまで……
217 days
R
第15戦イタリアGP
03 9月
-
06 9月
次のセッションまで……
224 days
R
第16戦シンガポールGP
17 9月
-
20 9月
次のセッションまで……
238 days
R
第17戦ロシアGP
24 9月
-
27 9月
次のセッションまで……
245 days
R
第18戦日本GP
08 10月
-
11 10月
次のセッションまで……
259 days
R
第19戦アメリカGP
22 10月
-
25 10月
次のセッションまで……
273 days
R
第20戦メキシコGP
29 10月
-
01 11月
次のセッションまで……
280 days
R
第21戦ブラジルGP
12 11月
-
15 11月
次のセッションまで……
294 days
R
第22戦アブダビGP
26 11月
-
29 11月
次のセッションまで……
308 days

ガスリー復活は“計画通り”? マルコ博士「レッドブル残留で復調はなかった」

シェア
コメント
ガスリー復活は“計画通り”? マルコ博士「レッドブル残留で復調はなかった」
執筆:
2019/11/23 5:03

レッドブルのヘルムート・マルコ博士は、ピエール・ガスリーをレッドブルからトロロッソへと戻さなかった場合、現在のように復調することはなかっただろうと語った。

 ピエール・ガスリーは2019年シーズンにトロロッソからレッドブルへと昇格。マックス・フェルスタッペンのチームメイトとしてレースを戦ってきたが、パフォーマンスが低迷し、サマーブレイク後にはアレクサンダー・アルボン(トロロッソ)との入れ替え人事が断行された。

 いわば“降格”とも呼べる人事だったが、ガスリーは古巣トロロッソに戻るとパフォーマンスを取り戻した。そしてF1第20戦ブラジルGPでは乱戦を生き残って2位に入り、F1での初表彰台を獲得してみせた。

 レッドブルでモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコ博士は、ガスリーの2位獲得について、キャリアを再び軌道に乗せたと語っている。

「彼は(レッドブルでの失調から)回復し、今では皆が“真の”ピエールを目の当たりにしている」と、マルコ博士はmotorsport.comに対して語った。

「我々は常に彼の事を信じてきた。トロロッソへの異動は、彼にとってポジティブだった。レッドブル・レーシングにいた場合、彼が復調することはなかったと思う」

 また、マルコ博士はブラジルGPでのレッドブルドライバーの走りに勇気づけられたという。

「マックスは完璧だった。彼のオーバーテイクの動きは信じられない程の物だったよ。そしてアルボンも接触されてスピンするまで、とても上手く乗っていた。我々のプログラムが機能していることを示しているんだ。来季がとても楽しみだよ」

 またトロロッソのチーム代表であるフランツ・トストは、ガスリーがシーズン半ばにジュニアチームに戻った事について、厳しかっただろうとガスリーの状況について語った。

「彼にとって今シーズンはあまり優しいものではなかった。だが彼はカムバックしたんだ」と、トスト。

「ピエールは(トロロッソに戻った)最初から、マシンを快適に感じていたと思う。そしてチームについてもだ」

「彼が戻ってきて私のオフィスに来ると、『昨日もここにいたように思えるよ』と言ったのを覚えている」

「我々は互いのことを知っているし、エンジニアも彼のことを知っている。それが助けとなった。それから我々のマシンはドライブしやすい物だったんだ」

 またトスト代表は、ブラジルGP序盤でガスリーがキミ・ライコネン(アルファロメオ)のプレッシャーに対し、うまく対処したことを称賛した。

「彼は素晴らしいドライビングをしたと言わなくてはね」

「タイヤマネジメントに関して言えば、特にコーナリングで加速時にオーバーヒートさせないように本当に気を配っていた」

「彼は常にスピードをコントロール下に置いていた。キミがプッシュしていた時も、彼はすぐに反応した。そしてギャップを3.4、3.6、4.0、5.0秒と広げ、全てをコントロールするのに十分なものとしたんだ」

Read Also:

次の記事
1年限りじゃないって素晴らしい! サインツJr.、マクラーレン2年目に期待

前の記事

1年限りじゃないって素晴らしい! サインツJr.、マクラーレン2年目に期待

次の記事

レッドブル・ホンダの躍進は、ホンダのF1における将来への福音となるか?

レッドブル・ホンダの躍進は、ホンダのF1における将来への福音となるか?
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
ドライバー ピエール ガスリー
チーム レッドブル・ホンダ 発売中 , トロロッソ・ホンダ 発売中
執筆者 Adam Cooper