F1 オーストリアGP

レッドブルF1重鎮、フェルスタッペンとノリスのトップ2激突は「完全に不必要」チーム自ら招いたピンチとも示唆

F1オーストリアGP決勝では、優勝を争ったレッドブルのマックス・フェルスタッペンとマクラーレンのランド・ノリスが接触し共倒れとなった。これについてレッドブル重鎮のヘルムート・マルコは「完全に不必要」だったと批判した。

Max Verstappen, Red Bull Racing RB20, Lando Norris, McLaren MCL38, battle for the lead

Max Verstappen, Red Bull Racing RB20, Lando Norris, McLaren MCL38, battle for the lead

写真:: Andy Hone / Motorsport Images

 レッドブルでモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、F1オーストリアGP決勝の終盤、優勝争いの末に起きたレッドブルのマックス・フェルスタッペンとマクラーレンのランド・ノリスの接触に関して「完全に不必要」だったと批判した。

 マルコは、首位を守る立場だったフェルスタッペンがノリスに勝利を“奪われた”と語る一方で、ノリスの接近はレッドブル自身が招いたピンチだったと考えている。

「とてもタフなデュエルだったし、時にはコース外に飛び出していた」

 マルコはレース後、Sky Germanyに対してそう語った。

「もちろん、ランドが既にトラックリミット違反を3回犯していたことは分かっていた」

「あのアクシデントでふたりは後退を余儀なくされた。ランドは完全にレースから脱落し、マックスは勝利を奪われた。私としては、あれは完全に不必要だったと思う」

 レッドブルとフェルスタッペンはここ数戦、かつての強さが陰りを見せたかのように思われた。しかし陣営のお膝元レッドブルリンクで開催されたオーストリアGPでは、息を吹き返しスプリントイベントで完勝。本戦でも序盤はポールポジションから独走態勢に持ち込み、2番手ノリスに対してセーフティマージンを築いた。

 フェルスタッペンの完勝かとも思われたが、第2スティントで履いたハードタイヤは路面温度が予想を下回ったことで機能せず。そのハードタイヤからミディアムタイヤへと履き替える2回目のピットストップでタイヤ交換に手間取り、タイムロス。加えてアウトラップではフェルスタッペンがターン4でタイヤをロックアップさせて、ノリスの接近を許してしまったのだ。

 そしてフェルスタッペンにとっては不運にも、履いていたのはユーズドタイヤ。ノリスは同じミディアムとはいえ新品タイヤだった。

 首位フェルスタッペンに対し、ノリスは10周にわたりあの手この手で攻め立てた。バトルが白熱してくるとお互いの動きも激しさを増し、64周目のターン3でついに接触。2台はパンクを喫して優勝戦線から脱落となり、3番手にいたメルセデスのジョージ・ラッセルが勝利をさらった。

 ノリスはピットイン後レース続行を諦め、最終的には完走扱いのリタイア。フェルスタッペンは接触の原因をつくったとして10秒のペナルティを受け、5位でのフィニッシュとなった。

 マルコは2台のバトルが接触に終わったことを嘆く一方で、フェルスタッペンが新品ミディアムタイヤを残していなかったこと、ピットストップでタイムをロスしたことを指摘。レッドブル自身が招いたリスクだったと示唆した。

「素晴らしいバトルだっただけに残念だ」とマルコは語った。

「新しいミディアムを持っていなかったこと、初めてピットストップが上手くいかなかったことから始まったことだ。それでも、両ドライバーとも不必要に激しく競っていた。もっと違う選択肢があったはずだ」

 そしてマルコは次のようにオーストリアGPの週末を振り返った。

「とてもエキサイティングでエモーショナルな週末だった。見ての通りね」

「ピットストップが上手くいかなかったり、タイヤ戦略や気温にも驚かされたりしたように、ちょっとしたミスも許されない。そしてタイトな戦いになる」

「こういう結果になったのは残念だ」

 

前の記事 角田裕毅、F1オーストリアGPは14位。リカルドと分けた戦略がうまくいかず……「でも、チームとして理解が深まった」
次の記事 ラッセル、”チャンス到来”知らせる無線でクラッシュの危機「ブレーキング中に耳元で叫ばれて……」

Sign up for free

  • Get quick access to your favorite articles

  • Manage alerts on breaking news and favorite drivers

  • Make your voice heard with article commenting.

Motorsport prime

Discover premium content
登録

エディション

日本 日本