F1
19 9月
-
22 9月
イベントは終了しました
26 9月
-
29 9月
イベントは終了しました
10 10月
-
13 10月
イベントは終了しました
24 10月
-
27 10月
イベントは終了しました
01 11月
-
03 11月
イベント 進行中 . . .
14 11月
-
17 11月
イベントは終了しました
R
第21戦アブダビGP
28 11月
-
01 12月
次のセッションまで……
12 days

レッドブル重鎮、ホンダへの信頼揺るがず「来季に向けての自信を与えてくれる」

シェア
コメント
レッドブル重鎮、ホンダへの信頼揺るがず「来季に向けての自信を与えてくれる」
執筆:
協力: Christian Nimmervoll
2019/11/02 2:40

レッドブルのモータースポーツ・アドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、2020年に向けて楽観的でいられる一因にホンダ製パワーユニットの進歩があると語った。

 今季からホンダ製パワーユニットを使用しているレッドブルはシーズン前半、シャシーに悩みの種を抱えていた。フロントウイングの規則変更による影響を十分に把握するのに時間がかかった結果、オーストリアGPまでマシンのポテンシャルを最大限引き出すことができていなかったのだ。

 レッドブルのモータースポーツ・アドバイザーであるヘルムート・マルコは、チームはどこに問題を抱えていたのかを理解していることから、2020年シーズンには期待が持てると語った。

「我々は過ちから学んだのだ。2020年はタイトルを争うことができると楽観的に考えている」とマルコは語った。

「その過ちのひとつは、マシンに関して(開発が)とても遅れていたことだ。最初の数レースは我々が望んでいたようなものではなかった。来季の目標はシーズン序盤から競争力を持つことだ」

 マルコは今季開幕前に、レッドブル・ホンダがシーズン5勝を挙げることを望んでいると話していた。ただ今季も残すところ3レースという状態で、チームはまだ2勝しか挙げられていない。その点に関して尋ねられたマルコは、こう返答した。

「(望んでいた結果から)それほどかけ離れているとは思わない。ブダペストでは(勝利に)非常に近づいた」

「我々はモンツァでも速かったが、アクシデントが起こってしまった。ただ、シンガポールでは予想以上に弱かったように思う。最適なセットアップが見つけられていなかった」

「純粋な速さという点では、我々は正しい方向に進んでいると思う。しかしサマーブレイク明けは少し勢いを失ってしまった。フェルスタッペンはスタート直後に3度もアクシデントがあった」

 マルコが2020年に向けて強気な姿勢を保っているのは、ホンダ製パワーユニット(PU)が大きな進歩を遂げたからだという。これまでにもホンダの働きぶりを称賛してきた彼は、次のように話した。

「彼らは我々に約束通りの物を届けてくれた。実際にはそれ以上だったかもしれない」

「信頼性の面では全く問題がない。エンジンの故障は実質的には一度もなかった」

「彼らとの協力関係には非常に満足している。そして彼らが来季に向けて準備しているものは、我々に自信を与えてくれるんだ」

Read Also:

次の記事
F1レースディレクター、スチュワードのペナルティ決定手順を擁護

前の記事

F1レースディレクター、スチュワードのペナルティ決定手順を擁護

次の記事

ペレス、アメリカGPのFP2で重量計測を無視。決勝でピットスタートのペナルティ

ペレス、アメリカGPのFP2で重量計測を無視。決勝でピットスタートのペナルティ
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
チーム レッドブル・ホンダ 発売中
執筆者 Jonathan Noble