F1
03 7月
イベントは終了しました
10 7月
イベントは終了しました
17 7月
イベントは終了しました
31 7月
イベントは終了しました
07 8月
イベントは終了しました
14 8月
次のセッションまで……
2 days
28 8月
次のセッションまで……
16 days
R
イタリアGP
04 9月
次のセッションまで……
23 days
R
トスカーナ・フェラーリ1000・2020ムジェロGP
11 9月
次のセッションまで……
30 days
R
ロシアGP
25 9月
次のセッションまで……
44 days
R
アイフェルGP
09 10月
次のセッションまで……
58 days
23 10月
次のセッションまで……
72 days
R
エミリアロマーニャGP
31 10月
次のセッションまで……
80 days

”自己満足”が最大の敵! FIA、F1イギリスGPを前にコロナ対策の徹底を呼びかけ

シェア
コメント
”自己満足”が最大の敵! FIA、F1イギリスGPを前にコロナ対策の徹底を呼びかけ
執筆:
2020/07/30 2:46

FIAレースディレクターのマイケル・マシは、シルバーストンでの新型コロナウイルス対策が疎かにならないよう呼びかけた。

 新型コロナウイルス対策を施したうえで、シーズンが再開されたF1。FIAレースディレクターのマイケル・マシは、シルバーストン・サーキットでのF1第4戦イギリスGPを前に、改めて対策の徹底を呼びかけた。

 マシはF1上層部や各チームと共に、マスクの着用やソーシャルディスタンス維持の徹底、サーキットに帯同できる人数を制限するなどの特別なコロナ対策プロトコル作成した主要人物のひとりだった。

 これまでの3レースで膨大な数のコロナウイルス検査が行なわれてきたが、第3戦ハンガリーGPを前に2人の陽性が確認された。しかしこのふたりは開幕戦および第2戦の舞台だったオーストリアには行っていなかったため、影響はなかった。

Read Also:

「スポーツとして、そして業界全体として、最初の3イベントで達成したことを非常に誇りに思うべきだ」

 そうマシは語った。

「FIAがF1とレース再開に向けたプラン、方法、プロトコルを検討する上で、ジャーナリストやサポートカテゴリーを含めた、ピットレーンの全員からサポートが得られたことは素晴らしいことだ」

「それは我々全員にとっての学習だった。途中で微調整も行なったが、プロセスおよび構造としては全体的に想定通りにいっていると思う。我々がやってきたことを誇りに思っている」

 マシは、検査の結果ふたりに陽性が出たことについて、そのリスクを改めて思い起こさせるものだったと認めた。

 F1はシーズン最初の3連戦を終え、シルバーストンから再び3連戦に突入する。F1パドックの面々が束の間の休息を経た後、コロナ対策に綻びが生じないよう、マシは気を引き締めている。

「間違いなく、ある程度の自信を持っている。3つのイベントで陽性が出たのは2例だけだったが、それは事実上パドックの外だった。しかし、我々が意識しておかなければならないことのひとつは、コロナウイルスは我々の周り、そして世界中のどこにでもいるということなんだ」

「だから、自分たちは無敵だと信じ込み、シルバーストンでミスをするわけにはいかない。私が言えるのは、人々が自己満足することが最も恐ろしいことであり、我々は自分たちが定めたプロセスに固執する必要があるということだ」

Read Also:

アストンマーチン移籍は、ベッテルにとって”未知の領域”? リカルド語る

前の記事

アストンマーチン移籍は、ベッテルにとって”未知の領域”? リカルド語る

次の記事

フェラーリ、”コスト削減”の一環でカスタマーカー復活を提案も却下

フェラーリ、”コスト削減”の一環でカスタマーカー復活を提案も却下
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
執筆者 Adam Cooper