F1
29 8月
-
01 9月
イベントは終了しました
05 9月
-
08 9月
イベントは終了しました
19 9月
-
22 9月
イベントは終了しました
26 9月
-
29 9月
イベントは終了しました
10 10月
-
13 10月
イベントは終了しました
24 10月
-
27 10月
次のセッションまで……
9 days
R
第19戦アメリカGP
31 10月
-
03 11月
次のセッションまで……
16 days
14 11月
-
17 11月
次のセッションまで……
30 days
R
第21戦アブダビGP
28 11月
-
01 12月
次のセッションまで……
44 days

F1、レース中のアンセーフリリースのペナルティはタイム加算限定に

シェア
コメント
F1、レース中のアンセーフリリースのペナルティはタイム加算限定に
執筆:
2019/08/18 1:03

F1では、ドライバーが競争上のアドバンテージを得ていなくても、レース中のアンセーフリリースにはタイムペナルティを科す方針となった。

 雨で混乱のレースとなったF1第11戦ドイツGPの序盤、ピットストップをこなしたフェラーリのシャルル・ルクレールは、コースに復帰する際にハースのロマン・グロージャンの進路を妨害してしまった。グロージャンはピットレーンで急ブレーキを強いられ、ポジションを落とすことになった。

 ルクレールのピット作業は、”アンセーフリリース(安全ではない発進)”と見なされ、審議対象となったが、スチュワードはフェラーリに対して5000ユーロ(約60万円)の罰金を科すことを決めた。

 しかしこのペナルティでは十分な抑止力とはみなされず、こうした前例が生まれたことで、今後は各チームがピットアウト時にリスクを冒すようになるのではないかと懸念されていた。

 第12戦ハンガリーGPの際にF1レースディレクターのマイケル・マシと各チームが話し合った結果、今後レース中のアンセーフリリースにはタイム加算ペナルティのみが科されることになるという。

 マシは、アンセーフリリースがレース中の順位などに影響を与えなかった場合でも、違反だとみなされると明言した。

「とても良い議論ができた。実質的に今回(ハンガリーGP)から、レース中にアンセーフリリースがあったと判定された場合、競技上のアドバンテージがあるかどうかに関わらず、タイムペナルティが科せられる。今季前半のことは忘れてほしい」と、マシは説明した。

「全チームとチーム代表が同じことを認識しており、それに満足している」

 マシはドイツGPでフェラーリに対して罰金を科したことについて、正しい裁定だと考えていたものの、チームが満場一致で変更を求めるならば、今回のようにFIAのアプローチを変えることをいとわないと述べた。

「私は意見に耳を傾けることができる。全チームが我々にアプローチの変更を求めた場合、これまでに何が行われていたかに関係なく、我々はそれに満足だ」

「だから私としては問題ない。フリー走行や予選でのアンセーフリリースは別だが、レースではタイムペナルティを言い渡すことになる」

次の記事
フェルスタッペン、”慎重だった”ホンダに理解「マクラーレン時代に色々あったから……」

前の記事

フェルスタッペン、”慎重だった”ホンダに理解「マクラーレン時代に色々あったから……」

次の記事

ホンダF1山本MD、トロロッソの“貢献”に感謝「彼らが表彰台に立てて嬉しかった」

ホンダF1山本MD、トロロッソの“貢献”に感謝「彼らが表彰台に立てて嬉しかった」
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
執筆者 Jonathan Noble