フェラーリと並ぶ大記録、ダブルタイトル5連覇を”謙虚に”喜ぶメルセデス

シェア
コメント
フェラーリと並ぶ大記録、ダブルタイトル5連覇を”謙虚に”喜ぶメルセデス
執筆:
2018/12/29 7:50

F1ダブルタイトル5連覇を果たしたメルセデスのトト・ウルフ代表は、フェラーリの持つ大記録に並んだことを謙虚にとらえながら、とても喜んでいると語る。

 2014年にV6ターボエンジン+ハイブリッドシステムのいわゆる”パワーユニット”レギュレーションが導入されて以来、圧倒的な強さを誇ってきたメルセデス。2018年シーズンもルイス・ハミルトンがドライバーズタイトル、チームもコンストラクターズタイトル獲得を果たし、ダブルタイトル5連覇を果たすこととなった。

 このダブルタイトル5連覇という記録は、2000年から2004年のフェラーリ+ミハエル・シューマッハーに続く、F1の歴史における2例目ということになる。

 メルセデスのチーム代表であるトト・ウルフは、このダブルタイトル5連覇という記録を、現FIA会長であり当時フェラーリのチーム代表であったジャン・トッドから電話で祝福を受けたという。

「彼は電話をかけてきて、『”クラブ・オブ・5”への入会おめでとう。あなたと共に”クラブ・オブ・5”の一員でいられるということについて、とても光栄に思うよ』と言ってくれたんだ。そして私は非常に名誉な気持ちになった」

 ウルフ代表はそうmotorsport.comに対して語った。

「彼が言ってくれたことは、信じられないようなことだった。でも、彼はその後再び電話をかけてきて、こう言ったんだ。『実は、我々は6連覇したんだ』とね」

 確かにフェラーリのダブルタイトル獲得は、前述の通り2000年から2004年までの5連覇だ。しかし1999年にはコンストラクターズタイトルのみ、フェラーリが獲得していた(同年のドライバーズチャンピオンは、マクラーレンのミカ・ハッキネンだった)。

 とはいえウルフ代表は、フェラーリの持つ偉大な記録に並んだのは、素晴らしいことだと感じていると語る。

「今年ダブルタイトルを5連覇できたことに、とてもホッとしている。トッドとシューマッハーがいた、偉大な時代のフェラーリと並ぶことができたのだから」

 そうウルフ代表は語る。

「信じられないことだ。その記録に並べたことについては謙虚に感じているし、そのことに感謝している」

フェラーリとの関係

 2018年のダブルタイトルを獲得したメルセデスだが、これまで以上にフェラーリとの接戦になることがあった。

 その接戦により、コース外の論争に発展しかけることもあった。シーズン序盤には、フェラーリがダブルバッテリーシステムを使っているのではないかという論争が巻き起こった。またシーズン後半には、メルセデスはライバルに抗議されることを避けるため、新型ホイールのスペーサーを使わずにレースを走った。

「シーズン中、友好的で紳士的な態度を維持し続けるのは、とても難しいことだと思う。それぞれのグループが勝利に夢中になっている時は特にね」

 そうウルフ代表は語った。

「しかし今では、物事が正常に戻ってきているのが分かる。なぜなら、それが我々共通の関係性だし、それを機能させる必要があるんだ」

「我々は物事を議論するための関係を維持する必要がある。でも、難しいこともあるし、それが簡単に進むこともある……それは普通のことだ」

「生産的な形で話し合いを行う時間は、F1にとって、そしてチームとしての我々にとってとても重要だ」

次の記事
トロロッソ衝撃。ホンダとマクラーレンの意思疎通不足が最初の会議で判明

前の記事

トロロッソ衝撃。ホンダとマクラーレンの意思疎通不足が最初の会議で判明

次の記事

F1、グリッドペナルティに代わる罰則を検討。ファンにヒントを求める

F1、グリッドペナルティに代わる罰則を検討。ファンにヒントを求める
Load comments

この記事について

シリーズ F1
チーム メルセデス 発売中
執筆者 Jonathan Noble