F1 スペインGP

レッドブルF1、優勢スペインGPでも楽勝はムリ? フェルスタッペンはライバル台頭を警戒「シーズン序盤のようにはいかない」

F1スペインGPではレッドブルが再び優位に立つと考えられる中、チームのマックス・フェルスタッペンは、圧倒的な強さを見せた2024年シーズン序盤のようにはいかないとライバルチームの台頭を警戒した。

Max Verstappen, Red Bull Racing RB20

Max Verstappen, Red Bull Racing RB20

写真:: Steven Tee / Motorsport Images

 ここ数戦は苦しい戦いを強いられてきたレッドブルだが、今季のマシンRB20に適しているとされるカタルニア・サーキットでのスペインGPを迎え、本来の力を取り戻すというのが大方の見方だ。

 しかしレッドブルのマックス・フェルスタッペンは、2024年シーズン序盤にチームが見せたような支配的な展開にはならないと、ライバルの台頭を警戒した。

 RB20はバーレーンGPや日本GP、中国GPで圧倒的な強さを見せていたが、ここ数戦はバンピーかつテクニカルなサーキットでライバルの接近を許した。しかしスペインGP以降は、オーストリアGP、イギリスGPの3連戦を皮切りに、伝統的なサーキットでの本格的なヨーロッパラウンドに移る。

 フェルスタッペンは低速から高速まで様々なコーナーを兼ね備えたカタルニア・サーキットへ戻れることにワクワクしていると認めつつも、レッドブルがシーズン序盤のような強さを発揮できるとは考えていないと語った。

「シーズン序盤のようにはならないと思う」とフェルスタッペンは言う。

「このコースは基本的に、僕らのマシンにもう少し適しているはずだから、もちろんワクワクしている」

Max Verstappen, Red Bull Racing

Max Verstappen, Red Bull Racing

写真: Simon Galloway / Motorsport Images

「みんながかなり追いついてきているのも分かっているし、みんな自信があるはずだ。でもここ数戦のサーキットと比較すれば、このコースは僕らにとってより良いサーキットになるはずだ」

「それでも、僕らは正しいウインドウの中でしっかり機能させる必要がある」

 フェルスタッペンは前戦カナダGPで、フリー走行2回目でのパワーユニットトラブルもあり、チームが今年は以前ほどレース週末でマシンを最適化できていないと不満を口にしていた。

 ただフェルスタッペンはチーム内に余計な緊張感があるという見方を否定。スペインGPでは完璧なレース週末を送ることができると自信を見せた。

「緊張感はない。僕らは常に良い結果を出したいと思っているし、他のチームも全力で攻めていることも知っている。だから、いつものように良い週末を過ごしたい」とフェルスタッペンは語った。

「計画通りにいかなくても、大げさではなく、もっと良くなるよう努力し続けるだけだ」

「ただ、グランプリ初日は毎回異なる種類の小さな問題が発生して、少し難しくなっていた。だから、この週末はクリーンなスタートを切ることが必要だ。それが大きな助けになると思うし、僕らはそのために全力を尽くしている」

 フェルスタッペンの言葉通り、スペインGP初日は混戦模様。フェルスタッペンはアタックで伸び悩み、FP2を5番手で終えている。

 

前の記事 角田裕毅、アップデート投入もF1スペインGP初日は大苦戦「いつもより難しかった」 一方でチームは新パーツの効果を確認
次の記事 クラッシュゲート事件起こしたブリアトーレ復帰、批判の声もアルピーヌ代表が一蹴「過去は気にしていない。未来を見ている」

Sign up for free

  • Get quick access to your favorite articles

  • Manage alerts on breaking news and favorite drivers

  • Make your voice heard with article commenting.

Motorsport prime

Discover premium content
登録

エディション

日本 日本