2年目迎えるマゼピン、2022年は自信アリ! 「中段争いに向け100%準備ができている」

ハースF1のニキータ・マゼピンは来たるF1での2シーズン目では、チームが改善したマシンを持ち込めば、中段を争う準備は100%整っていると語った。

2年目迎えるマゼピン、2022年は自信アリ! 「中段争いに向け100%準備ができている」

 2021年シーズンにハースからF1フル参戦を開始したニキータ・マゼピン。しかしチームがマシン開発のリソースを2022年型に集中していたこともあり、最後尾争い常連となってしまっていた。

 しかし彼は2022年に向け、ハースの2022年型マシンに競争力があれば、自身としても中段を他チームと争っていく準備は整っていると主張する。

 2022年に中段チームの争いに加わっていく自信があるかどうかを問われたマゼピンは「もちろんだ。100%準備ができていると感じている」と答えた。

「今年(2021年)僕は何度かより速いクルマといいバトルができたし、快適に感じられていた」

「僕の場合、当初は主にライバルとのバトルでは自分のリヤウイングの位置、フロントウイングの位置を正確に知る必要があった。でも今は僕も自分のマシンのポジションニングについては良く分かっている」

「自信はあるよ。バーレーンでの最初のレースの時はとても怖かったのを覚えている。マシンはとても長く、ワイドだったからね。でも今は自分が良い状態にあると思う。だからよりバランスの取れた、予測の効くマシンを運転すれば、もっと楽に楽しめると思う」

「トラックに向かうというのは、僕にとっては自分の意志を貫いて、レースを通じて実際に結果を左右することができると感じられるか、ということなんだ。でも2021年、僕はたとえチームメイトを上回ってフィニッシュする良いレースウィークだったとしても、心から満足して家に帰るのはちょっと難しいモノだった」

 さらにマゼピンはF1において劇的な前進を約束する“飛び道具”は存在しないと語り、コンスタントに改善を重ねていくことが何より大事だと話した。

「ローマは一日にして成らず、だ。僕にとってのF1も、それと非常に似ている」

 F1で2021年に得た最大の教訓は何かと訊かれたマゼピンは、そう答えた。

「全体的に考えると、今シーズンはポジティブなものだったと思う。自信の面でも大きく前進できたし、スタート地点から大きく理解を深めることができた」

「2021年の始めには、いくつか非常に良いレースができた。それからは良いレースも、悪いレースもあった。F1での生活は一貫したものではなかった。それでも自分たちが目指すところは理解していたし、2022年はそれらをまとめ上げる年なんだ。そして、僕はそれを実現できるだけの、良いポジションにいると思う」

 
Read Also:

シェア
コメント
FIA新会長、ハミルトン電撃引退の噂について発言「彼が辞めるとは思わない。彼が何か言ったのか?」
前の記事

FIA新会長、ハミルトン電撃引退の噂について発言「彼が辞めるとは思わない。彼が何か言ったのか?」

次の記事

レッドブル、ライバルチームの”空力開発”を注視「我々の2021年が正しかったかどうかは、開幕戦まで分からない」

レッドブル、ライバルチームの”空力開発”を注視「我々の2021年が正しかったかどうかは、開幕戦まで分からない」
コメントを読み込む