F1
12 3月
-
15 3月
イベントは終了しました
R
第2戦バーレーンGP
19 3月
-
22 3月
次のセッションまで……
49 days
02 4月
-
05 4月
次のセッションまで……
63 days
R
第4戦中国GP
16 4月
-
19 4月
次のセッションまで……
77 days
R
第5戦オランダGP
30 4月
-
03 5月
次のセッションまで……
91 days
R
第6戦スペインGP
07 5月
-
10 5月
次のセッションまで……
98 days
R
第7戦モナコGP
21 5月
-
24 5月
次のセッションまで……
112 days
R
第8戦アゼルバイジャンGP
04 6月
-
07 6月
次のセッションまで……
126 days
R
第9戦カナダGP
11 6月
-
14 6月
次のセッションまで……
133 days
R
第10戦フランスGP
25 6月
-
28 6月
次のセッションまで……
147 days
R
第11戦オーストリアGP
02 7月
-
05 7月
次のセッションまで……
154 days
R
第12戦イギリスGP
16 7月
-
19 7月
次のセッションまで……
168 days
R
第13戦ハンガリーGP
30 7月
-
02 8月
次のセッションまで……
182 days
R
第14戦ベルギーGP
27 8月
-
30 8月
次のセッションまで……
210 days
R
第15戦イタリアGP
03 9月
-
06 9月
次のセッションまで……
217 days
R
第16戦シンガポールGP
17 9月
-
20 9月
次のセッションまで……
231 days
R
第17戦ロシアGP
24 9月
-
27 9月
次のセッションまで……
238 days
R
第18戦日本GP
08 10月
-
11 10月
次のセッションまで……
252 days
R
第19戦アメリカGP
22 10月
-
25 10月
次のセッションまで……
266 days
R
第20戦メキシコGP
29 10月
-
01 11月
次のセッションまで……
273 days
R
第21戦ブラジルGP
12 11月
-
15 11月
次のセッションまで……
287 days
R
第22戦アブダビGP
26 11月
-
29 11月
次のセッションまで……
301 days

今季好調のマクラーレン、新体制の真の恩恵は2020年型マシンに?

シェア
コメント
今季好調のマクラーレン、新体制の真の恩恵は2020年型マシンに?
執筆:
2019/06/17 10:21

今シーズン好調のマクラーレンだが、チーム体制を一新したことによる真のメリットは、2020年のマシンに表れると考えている。

 マクラーレンは今年、昨年までの不振から一転、中団グループの中でしばしば上位に食い込んでおり、第7戦カナダGPを終えた時点のコンストラクターズランキングで、3強チームに次ぐ4位につけている。

 そんなマクラーレンは大規模な構造改革を行っており、チーム首脳にアンドレアス・ザイドル、テクニカルディレクターにジェームス・キーを迎え入れた。しかしながらその変革による真の恩恵が示されるのは、2020年でまで待たなければならないという。

 ザイドルは次のように語った。

「今年のマシンは、昨年と比べると前進を見せており、昨年までチームにあった全ての問題から再出発をした」

「昨年から既に行われていたあらゆる変更の成果のほとんどは、来年しか見られないと思っている。なぜならそれ(2020年型マシン)が通常のリズムによって開発される最初のマシンになるからだ」

「そしてその通常のスタートを切るのはいつだろうか? それは冬のテストでマシンを走らせてすぐだ」

「我々はそのマシンの長所と短所をすぐに確認したが、それが今年の内に改善できることなのか、それとも翌年に向けて取り組む必要があることなのかどうかを確かめる最初の時期なんだ」

 ルノーがカナダGPで復活のダブル入賞を遂げたことによって、マクラーレンはコンストラクターズランキング4位の維持に手を焼くことが予想されるが、ザイドルはチームに勢いを感じているという。

「シーズンが始まった段階から既に、チームは昨年と比べて確実に前進していたと思う」と彼は語った。

「我々のマシンは、開発に対して(良い)反応を示している」

「このチームにはポジティブな精神とポジティブな勢いが数多く存在するということも、私が仕事を始める上で非常にやりやすかった」

「それでも私は加入したばかりだ。仕事を始めて6週間、現場に入って2週間半、ファクトリーに戻って3週間だ。ファクトリーの中のことを全て理解するにはまだ時間が必要だ」

Andreas Seidl, Team Principal McLaren

Andreas Seidl, Team Principal McLaren

Photo by: Steven Tee / LAT Images

 

次の記事
ピレリ、作動温度領域の狭さ認めるも、今季中の仕様変更はなし?

前の記事

ピレリ、作動温度領域の狭さ認めるも、今季中の仕様変更はなし?

次の記事

今こそ皆で話し合うべき……ベッテルのペナルティ問題に関しルノー代表が提言

今こそ皆で話し合うべき……ベッテルのペナルティ問題に関しルノー代表が提言
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
チーム マクラーレン 発売中
執筆者 Jonathan Noble