F1
28 3月
イベントは終了しました
16 4月
次のセッションまで……
16 時間
:
53
:
56
R
ポルトガルGP
30 4月
次のセッションまで……
14 days
R
スペインGP
06 5月
次のセッションまで……
20 days
R
モナコGP
20 5月
次のセッションまで……
34 days
R
アゼルバイジャンGP
03 6月
次のセッションまで……
48 days
R
カナダGP
10 6月
次のセッションまで……
55 days
R
フランスGP
24 6月
次のセッションまで……
69 days
R
オーストリアGP
01 7月
次のセッションまで……
76 days
R
イギリスGP
15 7月
次のセッションまで……
90 days
R
ハンガリーGP
29 7月
次のセッションまで……
104 days
R
ベルギーGP
26 8月
次のセッションまで……
132 days
R
オランダGP
02 9月
次のセッションまで……
139 days
R
イタリアGP
09 9月
次のセッションまで……
146 days
R
ロシアGP
23 9月
次のセッションまで……
160 days
R
シンガポールGP
30 9月
次のセッションまで……
167 days
07 10月
次のセッションまで……
174 days
R
アメリカGP
21 10月
次のセッションまで……
188 days
R
メキシコGP
28 10月
次のセッションまで……
195 days
R
ブラジルGP
05 11月
次のセッションまで……
203 days
03 12月
次のセッションまで……
231 days
R
アブダビGP
12 12月
次のセッションまで……
240 days

マクラーレン、F1チーム株の一部を米投資家に売却「彼らはパートナーでもある」

マクラーレンは、F1チームの株式の一部をアメリカを拠点とする投資家集団に売却したことを発表した。

マクラーレン、F1チーム株の一部を米投資家に売却「彼らはパートナーでもある」

 マクラーレンは、アメリカのスポーツ投資家グループ”MSPスポーツ・キャピタル”が率いるコンソーシアムと、パートナーシップ契約を結んだ。その一環として、MSPはマクラーレンのF1チームの株式15%を取得。この株式保有比率は、2022年末までに33%まで引き上げられる予定だ。

Read Also:

 この契約では、マクラーレンF1チームの価値を5億6000万ポンド(約770億円)と見積もっている。

 今回の投資に伴い、チームの上層部についても変更が加えられることになった。CEOのザク・ブラウンは現在の役割を長期的に務め、会長のポール・ウォルシュも引き続き同職を務める。しかしながら新たな投資家のひとりであるジャハム・ナジャフィが、シェイク・モハンメド・ビン・エッサ・アル・ハリファと共に副会長を務めることになる。

 さらに、MSPスポーツ・キャピタルのジェフ・モーラッドとUSBオコナーのロドリゴ・テレラス・ザバラが、マクラーレン・グループのサルタン・オジェとウィル・グリフィスと共に、マクラーレン・レーシングの取締役を務めることになる。

 ブラウンCEOは、今回の株式売却について次のように語った。

「この投資は、マクラーレン・レーシングが進歩するにあたって、重要な瞬間を表している。MSPスポーツ・キャピタルは、何よりもスポーツを専門とした投資家だ。彼らは市場を理解しており、彼らのチームは世界中のスポーツの所有権により、経験と実績を伴う成功を収めている」

「彼らは株主であると同時にパートナーであり、マクラーレン・レーシングの長期的な利益のために、彼らのネットワークと知識を活用する能力を整えている」

「この新たな投資は、マクラーレンをF1とインディカーでレースの優勝、そしてチャンピオンシップ争いに戻すという、我々の計画を強化することになる。そして、表彰台の頂点に戻るという使命に集中する上で、ポジティブな勢いを強化するだろう」

 マクラーレン・グループは今年、新型コロナウイルスの世界的な蔓延に伴い、財政難に陥った。そんな中でも復活の兆しを見せるマクラーレンにとって、新たな投資家が加わったという事実は、今後に向けた大きな後押しということになるだろう。

Read Also:

シェア
コメント
”タイトルを獲得する”という目標を、フェラーリと達成できなかったと悔やむベッテル

前の記事

”タイトルを獲得する”という目標を、フェラーリと達成できなかったと悔やむベッテル

次の記事

メルセデス代表、コロナ明けのハミルトンに「レースができるかどうかは彼が決めること」

メルセデス代表、コロナ明けのハミルトンに「レースができるかどうかは彼が決めること」
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
チーム マクラーレン
執筆者 Jonathan Noble