予選Q2敗退に唖然のマクラーレン「原因究明のため調査が必要」

43,107 見る

マクラーレンのブーリエは、バーレーンGP予選でQ3進出することができなかった主な原因について調査を行うことを明らかにした。

 マクラーレンのチーム代表であるエリック・ブーリエは、バーレーンGP予選でQ3進出することができなかった原因について調査を行うことを明らかにした。

 マクラーレンのフェルナンド・アロンソは、バーレーンGPのフリー走行3回目(FP3)でトップ10入りすることができたが、その予選を彼とその同僚のストフェル・バンドーンは13、14番手で終えた。

 ブーリエは予選Q2直後、『Sky Sports F1』に対し次のように語った。

「FP3のペースを考えれば、少し驚かされる結果だった。大掛かりな調査が必要だ」

「フェルナンドは最終ラップでのセクター2と3で良いペースを発揮していたのだ。我々は何が起こったのかを知る必要がある」

「バランスは良好で、明らかにグリップが欠如していたのが、パフォーマンスを低下させる要因だったと私は考えている。彼らは間違ったことを報告していない」

 マクラーレンのふたりは開幕戦オーストラリアGPでポイントを獲得している。

「我々は昨年のバーレーンでも苦戦したため、このレイアウトについて調査する必要がある」とブーリエは付け足した。

「オーストラリアGPでのペースは幻ではないし、レースは本物だった。明日の決勝は予選よりも良い結果になると理解している」

「しかし、予選結果が悪かった理由を見つけ出す必要がある。我々はファクトリーでいくつかの質問をしなければならない」

「ピットウォールにいたスタッフのように、私は少し驚かされた。何が起きたのかを理解する必要がある」

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
ドライバー フェルナンド アロンソ , ストフェル バンドーン
チーム マクラーレン
記事タイプ 速報ニュース