F1
29 8月
-
01 9月
イベントは終了しました
05 9月
-
08 9月
イベントは終了しました
19 9月
-
22 9月
イベントは終了しました
26 9月
-
29 9月
イベントは終了しました
10 10月
-
13 10月
イベントは終了しました
24 10月
-
27 10月
次のセッションまで……
6 days
R
第19戦アメリカGP
31 10月
-
03 11月
次のセッションまで……
13 days
14 11月
-
17 11月
次のセッションまで……
27 days
R
第21戦アブダビGP
28 11月
-
01 12月
次のセッションまで……
41 days

ノリス、Q1敗退はバッテリーパックの問題が原因。マクラーレンの調査で明らかに

シェア
コメント
ノリス、Q1敗退はバッテリーパックの問題が原因。マクラーレンの調査で明らかに
執筆:
2019/07/28 4:14

マクラーレンは、ランド・ノリスがドイツGPの予選でQ1敗退を喫した理由について、バッテリーパックに問題があったためであったことを確認した。

 マクラーレンのランド・ノリスは、ここ数レースの予選で強力なパフォーマンスを発揮してきた。しかし、今回のドイツGPでは予選Q1敗退という結果となり、決勝レースを16番グリッドからスタートする予定だ。

 予選直後、ノリスは自身のドライビングを悔やむ発言をしていたが、実際にはマシンに問題が発生していたことが分かった。

 マクラーレンのチーム代表であるアンドレアス・ザイドルは、次のように語った。

「予選で彼のクルマには、バッテリーパックの問題があった。それにより、0.1秒を失うことになってしまった。それがなければ、Q2に進出するのに十分だっただろう。別の話になっていたはずだ」

 ノリスはQ2進出を果たすのに、わずか0.077秒足りなかった。もしザイドル代表が説明するように0.1秒を失っていたのであれば、そのトラブルがなければ確かにQ2進出を果たしていただろう。

「僕は正しくラップを組み立てることができなかった」

 ノリスはそう予選を振り返った。

「たくさんのミスを犯したわけでも、ペースがすごく遅かったわけでもない。僕はカルロス(サインツJr.)から0.1秒遅れていた。それで、ポジションが大きく変わってしまった。ペースの面では、他のドライバーたちと比べればそれほど変わらなかったんだけどね」

「すごい接戦だった。そして素晴らしいラップを走ることができなかったから、良い結果は出なかったんだ」

 ノリスのチームメイトであるサインツJr.はQ3まで進出し、キミ・ライコネン(アルファロメオ)やロマン・グロージャン(ハース)には先行されたものの、7番グリッドを確保した。

 ドイツGPでは、マクラーレンがここ数戦ほど強く見えない理由について尋ねると、サインツJr.は次のように語った。

「僕らが知っていることは、他のチームが今週末に多くのアップデートパーツを持ち込んでいるということだ。それによって、今週末は僕らよりも優れているかもしれない。でも、僕らも厳しい状況にうまく対応したと思う」

「僕は気温が、僕らのクルマや効率的なパッケージの助けになったとは思わない。でもその一方で、他のチームは今週末に良い一歩を踏み出したんだ」

Read Also:

次の記事
ルクレール、失意の予選となるも決勝では「チームのみんなを笑顔にしたい」

前の記事

ルクレール、失意の予選となるも決勝では「チームのみんなを笑顔にしたい」

次の記事

「決勝に向けて期待が持てる結果」ホンダ田辺TD、ドイツGP予選後コメント

「決勝に向けて期待が持てる結果」ホンダ田辺TD、ドイツGP予選後コメント
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
イベント 第11戦ドイツGP
ドライバー ランド ノリス
チーム マクラーレン 発売中
執筆者 Jonathan Noble