F1
21 5月
-
24 5月
Canceled
04 6月
-
07 6月
Canceled
11 6月
-
14 6月
Postponed
25 6月
-
28 6月
Postponed
02 7月
-
05 7月
イベントは終了しました
09 7月
-
12 7月
イベント 進行中 . . .
R
ハンガリーGP
16 7月
-
19 7月
次のセッションまで……
6 days
31 7月
-
02 8月
次のセッションまで……
21 days
R
F1 70周年記念GP
06 8月
-
09 8月
次のセッションまで……
27 days
R
スペインGP
13 8月
-
16 8月
次のセッションまで……
34 days
27 8月
-
30 8月
次のセッションまで……
48 days
R
イタリアGP
03 9月
-
06 9月
次のセッションまで……
55 days
R
シンガポールGP
17 9月
-
20 9月
Canceled
R
ロシアGP
24 9月
-
27 9月
次のセッションまで……
76 days
08 10月
-
11 10月
Canceled
22 10月
-
25 10月
次のセッションまで……
104 days
R
メキシコGP
29 10月
-
01 11月
次のセッションまで……
111 days
R
ブラジルGP
12 11月
-
15 11月
次のセッションまで……
125 days
R
アブダビGP
26 11月
-
29 11月
次のセッションまで……
139 days

マクラーレン、自転車レースに挑戦。F1のノウハウを、惜しみなく投入

シェア
コメント
マクラーレン、自転車レースに挑戦。F1のノウハウを、惜しみなく投入
執筆:
2018/12/12 10:16

マクラーレンはバーレーン・メリダをサポートする形で、自転車レースの世界に打って出ることとなった。

 マクラーレンは、UCIワールドツアーに参戦するプロ自転車チームであるバーレーン・メリダとの提携を水曜日に発表。F1のノウハウを、自転車競技に活かしていくことを明らかにした。

 マクラーレン・アプライド・テクノロジーズ(MAT)を通じ、マクラーレン・グループは、バーレーン・メリダのパートナーとなることとなった。そして、チームをワールドツアーのトップチームに押し上げたいと考えている。

 MATはかつて、アメリカの自転車メーカーであるスペシャライズドと提携。2012年のロンドン五輪に出場したイギリス代表チームをサポートした。しかし今回のバーレーン・メリダとの提携ははるかに長い期間にわたる関係になる模様で、マクラーレンがF1から得た知識も多く活用していくという。

 マクラーレンのチーフ・マーケティング・オフィサーであるジョン・アラートは、次のようにコメントを寄せた。

「レース、テクノロジー、そして人間のパフォーマンスは、マクラーレンがやっていることの中心にある。サイクリングは、過去に関わったことがある。そしてしばらくの間、再び関与することを検討してきた」

「我々のスキルと野心、そしてチーム・バーレーン・メリダとの完璧なパートナーシップは、完全にフィットしている。彼らは、未来に向けた正しいビジョンを持っている」

「我々は今後数カ月にわたって、懸命の努力を続けていく。みなさんもご存知の通り、プロのサイクリングの世界には、スポーツの世界で最高のアスリートと、競争力のあるチームが集まっているのだ」

 バーレーン・メリダのチームオーナーであるHHシェイク・ナサール・ビン・ハマド・アル・ハリファも、マクラーレンとの提携について次のように語った。

「マクラーレンとのパートナーシップは、バーレーンのサイクリングの将来に、国家の誇りと、興奮を与えてくれるもののひとつだ。我々は世界のトップを目指したいし、この最も挑戦的なスポーツにおいて戦う方法の一例を見付けたい」

「マクラーレンとのパートナーシップは、マシンや選手を最大限に活用するための、貴重な専門知識と経験を提供してくれるだろう。そして、我々がプロの自転車レースにおいてトップチームに駆け登るのを助けることになるはずだ」

 ここ数年、UCIワールドツアーで最も成功を収めてきたのはチーム・スカイだった。しかし、同チームのメインスポンサーを務めてきたイギリスの衛星放送テレビ局スカイは、2019年限りでスポンサー降板することを発表。その数時間後に、マクラーレンの自転車レースへの参画が発表されることになった。

次の記事
ボッタス、来年1月にラリー挑戦! 王者オジェと同じフィエスタWRCを駆る

前の記事

ボッタス、来年1月にラリー挑戦! 王者オジェと同じフィエスタWRCを駆る

次の記事

クビサ、レギュレーション大変更の2019年は、F1復帰する「完璧なタイミング」

クビサ、レギュレーション大変更の2019年は、F1復帰する「完璧なタイミング」
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
チーム マクラーレン 発売中
執筆者 Jonathan Noble