マクラーレンF1 CEOがブーリエ辞任にコメント「復活に向けた第一歩」

シェア
コメント
マクラーレンF1 CEOがブーリエ辞任にコメント「復活に向けた第一歩」
Scott Mitchell
執筆: Scott Mitchell
2018/07/05 0:05

マクラーレンF1のCEOであるザク・ブラウンが、エリック・ブーリエの離脱を含む組織改革について、「復活に向けた第一歩だ」とコメントした。

 マクラーレンは、レーシングディレクターのエリック・ブーリエの辞任を含む、チームの組織改革を行ったことを発表した。

 これについて、マクラーレンF1のCEOであるザク・ブラウンもコメントを発表。2018年シーズンが期待以下となっているため、「内部からの大きな変化が必要」と語った。

「2018年のMCL33のパフォーマンスは、マクラーレンの全員、そして我々のファンの期待に沿ったモノにはなっていない」

 そうブラウンは語った。

「これは、マクラーレンで働く献身的かつ勤勉な何百人もの人々の誤りではない」

「本日の発表によってこれらの問題に対処し、復活に向けた道のりの第一歩を踏み出す」

「チーム全体のために、私はこの機会を活用したい。そしてエリックの尽力と貢献に感謝すると共に、彼の将来がうまくいくことを願っている」

 ブーリエは2014年にマクラーレンに加入。チームの復活を担うことを期待されていた。しかしその後のマクラーレンは下降線をたどり、2014年以来表彰台を獲得できていない。

 今季マシンの”失敗”について問われたブーリエはこれまで、「マシンのパフォーマンスについては、我々が責任を負うべきだ」と認める一方で、「辞任はしない」と繰り返し語ってきた。

「私が辞任することはない。私はレースの世界で20年目を迎えているし、これまで在籍したすべてのチームで、レースやチャンピオンシップに勝利してきた。それには、F1も含まれる。それは、誰も私から奪うことのできない記録だ」

「我々は旅の途中だと思う。いるべきところにいないと思っているし、今いるところに満足していない。しかし、新しいエンジンパートナーであるルノーと、チームの素晴らしいスタッフとで、マシンの問題を見つけて修正するだけだ」

「マシンのどこに問題があるのかは分かっている。コンセプトを信じているなら、その開発を続け、次のマシンのためにそれを確実に修正しなければならない」

次の記事
不振のマクラーレン、レーシングディレクターのブーリエが辞任

前の記事

不振のマクラーレン、レーシングディレクターのブーリエが辞任

次の記事

マクラーレンCEO「”受け入れがたい”現状の原因は上層部の異動」

マクラーレンCEO「”受け入れがたい”現状の原因は上層部の異動」
Load comments

この記事について

シリーズ F1
チーム マクラーレン 発売中
執筆者 Scott Mitchell