”大好評”マクラーレンのガルフオイル特別カラーリングは、やっぱりモナコ1回限り?

2021年のF1モナコGPを、ガルフオイルの特別カラーリングを纏って戦ったマクラーレン。そのカラーリングは評価が高く、各方面から継続を望む声が挙がっているが、チーム代表のアンドレアス・ザイドルは、「今のところ1回限り」と語る。

”大好評”マクラーレンのガルフオイル特別カラーリングは、やっぱりモナコ1回限り?

 マクラーレンは2021年のF1モナコGPを、スポンサーであるガルフオイルの特別カラーリングをまとって戦った。このカラーリングは評価が高く、今後のレースでも引き続き採用することを期待する声が多く挙がっているが、チーム代表のアンドレアス・ザイドルは、このカラーリングは今のところ1回限りであると強調している。

 オレンジ色と水色のツートンカラーの、いわゆる”ガルフオイル”カラーは、往年のレーシングシーンを賑わせたカラーリングのひとつだと言えるだろう。その伝統のカラーをまとったマクラーレンMCL35Mが、モンテカルロ市街地コースを疾走。ランド・ノリスが3位に入った。

 こも特別カラーリングはマシンだけではなく、ノリスとダニエル・リカルドのヘルメットにも施され、さらには彼らのレーシングスーツやチームスタッフのウエア、マスクなどもスペシャルなモノが用意された。

 このデザインは世界中のファンの間でも評価が高く、マクラーレンがオフィシャルグッズを作り販売したところすぐに完売。そしてこのカラーリングが今後も使われることを期待する声も多く挙がっている。

 しかしチーム代表のアンドレアス・ザイドルは、現在の計画ではこの”ガルフオイル”カラーは1回限りのモノであると強調する。

「カラーリングについて現時点で言いたいことは、これは現時点では”1回限りのモノ”であるということだ」

 そうザイドル代表は語る。

「これは、ブルース・マクラーレンがいた頃の1960年代に遡り、我々のチームとガルフの歴史的なパートナーシップを祝うため、この象徴的なレース(モナコ)で計画されたモノだ」

「それが、このプロジェクトの背後にある考え方だった。それが、将来の計画について現時点で言える全てのことだ」

 このカラーリングを纏って3位に入ったノリスも、このデザインを気に入っているひとりだ。

「独特なカラーリングだ」

 そうノリスは語った。

「写真で見ても、かなり良い感じに見えるね。ガルフの歴史の一部になれるのも素晴らしいし、これまでとは違う最初のカラーリングのひとつになれたことも良いね」

 

Read Also:

シェア
コメント
メルセデスF1、”モナコでトラブル”ボッタスの右フロントタイヤがようやく外れる……作業時の動画を公開

前の記事

メルセデスF1、”モナコでトラブル”ボッタスの右フロントタイヤがようやく外れる……作業時の動画を公開

次の記事

ニコ・ロズベルグ、F1復帰の可能性を完全に否定「ギャラは僕のモチベーションにならない」

ニコ・ロズベルグ、F1復帰の可能性を完全に否定「ギャラは僕のモチベーションにならない」
コメントを読み込む