F1
12 3月
-
15 3月
イベントは終了しました
R
第2戦バーレーンGP
19 3月
-
22 3月
次のセッションまで……
52 days
02 4月
-
05 4月
次のセッションまで……
66 days
R
第4戦中国GP
16 4月
-
19 4月
次のセッションまで……
80 days
R
第5戦オランダGP
30 4月
-
03 5月
次のセッションまで……
94 days
R
第6戦スペインGP
07 5月
-
10 5月
次のセッションまで……
101 days
R
第7戦モナコGP
21 5月
-
24 5月
次のセッションまで……
115 days
R
第8戦アゼルバイジャンGP
04 6月
-
07 6月
次のセッションまで……
129 days
R
第9戦カナダGP
11 6月
-
14 6月
次のセッションまで……
136 days
R
第10戦フランスGP
25 6月
-
28 6月
次のセッションまで……
150 days
R
第11戦オーストリアGP
02 7月
-
05 7月
次のセッションまで……
157 days
R
第12戦イギリスGP
16 7月
-
19 7月
次のセッションまで……
171 days
R
第13戦ハンガリーGP
30 7月
-
02 8月
次のセッションまで……
185 days
R
第14戦ベルギーGP
27 8月
-
30 8月
次のセッションまで……
213 days
R
第15戦イタリアGP
03 9月
-
06 9月
次のセッションまで……
220 days
R
第16戦シンガポールGP
17 9月
-
20 9月
次のセッションまで……
234 days
R
第17戦ロシアGP
24 9月
-
27 9月
次のセッションまで……
241 days
R
第18戦日本GP
08 10月
-
11 10月
次のセッションまで……
255 days
R
第19戦アメリカGP
22 10月
-
25 10月
次のセッションまで……
269 days
R
第20戦メキシコGP
29 10月
-
01 11月
次のセッションまで……
276 days
R
第21戦ブラジルGP
12 11月
-
15 11月
次のセッションまで……
290 days
R
第22戦アブダビGP
26 11月
-
29 11月
次のセッションまで……
304 days

リカルド、マクラーレンには“ルノーが探し求めていたパッケージ”があると語る

シェア
コメント
リカルド、マクラーレンには“ルノーが探し求めていたパッケージ”があると語る
執筆:
協力: Oleg Karpov
2019/07/07 23:04

ルノーのダニエル・リカルドは、ライバルであるマクラーレンが現在、“自分たちの探し求めていたパッケージ”を手にしていると語った。

 ルノーはフランスGPで投入したアップグレードによって、中団グループの争いから一歩抜け出すことを期待していた。しかしながらそれは実現せず、レッドブルリンクで行われたオーストリアGPでは2台揃って入賞を逃した。ダニエル・リカルドは、マシンに根本的な問題があるのではないかという疑念を抱いている。

 一方、ルノーのカスタマーチームであるマクラーレンは躍進を遂げ、フランスとオーストリアではダブル入賞。コンストラクターズランキング4位につけ、5位のルノーとの差を広げはじめている。

「マクラーレンに目を向けると、彼らは今や(中団における)基準のひとつとなっていて、僕たちが探し求めているパッケージがあるんだ」とリカルドは語った。

「彼らはよりダウンフォースがあって、より効率的な走りをしている。だからダウンフォースがありながらもストレートでのロスも少ないんだ」

「僕たちは自分たちのパッケージをうまく使えていないので、ルノーのパッケージこそ僕たちの求めている何かだと思う」

「その問題が例え風洞での相互関係に立ち戻ろうとも、いずれは解決するだろうと思っている」

「ただ、今は間違いなく何かがうまく噛み合っていない。チームは多くのものを投資しているけど、その金額に見合う価値は見出せていないんじゃないかな」

 しかしながらリカルドは、ルノーを含めた各中団チームが、マクラーレンから恩恵を受けることができると思っているようだ。

「彼らは現時点で非常に速いし、彼らが中団グループを前進させてくれていることに満足している」

「それ(マクラーレンの活躍)が、僕たちの力を最大限引き出すことを強いていると思う。もちろん彼らにやられることは嬉しくないけど、より良いレベルに僕たちを押し上げてくれるだろう。だから彼らを捕らえる方法を見つけることが目標だ」

 マクラーレンと同じパワーユニット(PU)を共有していることが、良い方向、悪い方向のどちらに作用しているのかについて尋ねられたリカルドは、次のように語った。

「たぶん良い方向だと思う。それ(PU)が言い訳にならないから、シャシーとパッケージを改善する余地があるということを示しているんだ」

「責任の所在をはっきりさせた上で仕事ができるのは、おそらく皆にとって良いことだ。より良くなるという照明にもなるし、改善のための方法がわかるんだ」

Read Also:

次の記事
フェルスタッペンの猛追を後押しした”モード11”。悪影響なしとレッドブル首脳

前の記事

フェルスタッペンの猛追を後押しした”モード11”。悪影響なしとレッドブル首脳

次の記事

フォースインディア”負の遺産”に悩むレーシングポイント。でも将来は明るい?

フォースインディア”負の遺産”に悩むレーシングポイント。でも将来は明るい?
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
ドライバー ダニエル リカルド 発売中
チーム マクラーレン 発売中 , ルノーF1チーム
執筆者 Valentin Khorounzhiy