アロンソのF1テスト参加はあるのか? マクラーレン、アロンソと頻繁に連絡

シェア
コメント
アロンソのF1テスト参加はあるのか? マクラーレン、アロンソと頻繁に連絡
執筆:
2018/12/21 2:59

マクラーレンのブラウンCEOが、2019年用のマシンをアロンソがテストする可能性について語った。

 マクラーレン・レーシングCEOのザク・ブラウンが、フェルナンド・アロンソが2019年用のマシンをテストする可能性について語った。

 2018シーズンでF1キャリアに一区切りをつけるアロンソ。2019年はトヨタから参戦中の世界耐久選手権の他、マクラーレンと共にインディ500に再挑戦することが決まっている。

 一方でアロンソは、マクラーレンF1チームと緊密なつながりを保つだろう。アロンソはF1参戦復帰の可能性を否定していない。チームが彼に2019年用のF1マシンをテストさせ、フィードバックを求める可能性も高いのではないかと推測されており、実際に2019年のレギュラードライバーであるカルロス・サインツJr.とランド・ノリスも、アロンソのテスト参加を歓迎するとコメントしている。

 しかしマクラーレンは、チームのドライバーラインアップが一新されていることから、サインツJr.とノリスの走行時間を妥協するのは避けたいと考えているようだ。

 ブラウンは、アロンソとテスト実施について話をしていることを認めた。

「我々はテストについて話をしているし、冬の間にさらに話を進めるつもりだ」

「プログラム全体のことを考える必要がある。確かに、彼(アロンソ)がマシンに乗ったら素晴らしいだろう」

「しかし我々のドライバー2人に、十分な走行時間を確保する必要もある。彼らは2019年からチームのドライバーになるのだから。これは進行中の状況だ」

 ブラウンとアロンソは頻繁に連絡を取り合っており、アロンソがチームの進歩に注目し続けるはずだと、ブラウンは確信している。

「私は、マクラーレンが何をしているかということを見ていてくれると思っている。ただ、私は彼と連絡を取り合っている。毎日とは言わないが、極めて頻繁にだ」

「彼は、マクラーレンのGT3マシンがアブダビ(ガルフ12時間レース)でどうだったか、情報を追っていた。彼は私にメールを送ってきたんだ。間違いなく、彼は我々の進歩を興味深く見守ってくれるだろう。彼はまだファミリーの一員なのだ」

次の記事
ラウダ、入院中にベッテルから直筆の手紙を受け取る「彼の復活は間違いない」

前の記事

ラウダ、入院中にベッテルから直筆の手紙を受け取る「彼の復活は間違いない」

次の記事

最大のライバルがマクラーレンじゃないなんて……ルノーF1の”驚き”

最大のライバルがマクラーレンじゃないなんて……ルノーF1の”驚き”
Load comments

この記事について

シリーズ F1
執筆者 Jonathan Noble