F1
R
第1戦オーストラリアGP
12 3月
-
15 3月
次のセッションまで……
51 days
R
第2戦バーレーンGP
19 3月
-
22 3月
次のセッションまで……
58 days
02 4月
-
05 4月
次のセッションまで……
72 days
R
第4戦中国GP
16 4月
-
19 4月
次のセッションまで……
86 days
R
第5戦オランダGP
30 4月
-
03 5月
次のセッションまで……
100 days
R
第6戦スペインGP
07 5月
-
10 5月
次のセッションまで……
107 days
R
第7戦モナコGP
21 5月
-
24 5月
次のセッションまで……
121 days
R
第8戦アゼルバイジャンGP
04 6月
-
07 6月
次のセッションまで……
135 days
R
第9戦カナダGP
11 6月
-
14 6月
次のセッションまで……
142 days
R
第10戦フランスGP
25 6月
-
28 6月
次のセッションまで……
156 days
R
第11戦オーストリアGP
02 7月
-
05 7月
次のセッションまで……
163 days
R
第12戦イギリスGP
16 7月
-
19 7月
次のセッションまで……
177 days
R
第13戦ハンガリーGP
30 7月
-
02 8月
次のセッションまで……
191 days
R
第14戦ベルギーGP
27 8月
-
30 8月
次のセッションまで……
219 days
R
第15戦イタリアGP
03 9月
-
06 9月
次のセッションまで……
226 days
R
第16戦シンガポールGP
17 9月
-
20 9月
次のセッションまで……
240 days
R
第17戦ロシアGP
24 9月
-
27 9月
次のセッションまで……
247 days
R
第18戦日本GP
08 10月
-
11 10月
次のセッションまで……
261 days
R
第19戦アメリカGP
22 10月
-
25 10月
次のセッションまで……
275 days
R
第20戦メキシコGP
29 10月
-
01 11月
次のセッションまで……
282 days
R
第21戦ブラジルGP
12 11月
-
15 11月
次のセッションまで……
296 days
R
第22戦アブダビGP
26 11月
-
29 11月
次のセッションまで……
310 days

復活目指すマクラーレン、メルセデスとの再提携で「隠れるところをなくす」

シェア
コメント
復活目指すマクラーレン、メルセデスとの再提携で「隠れるところをなくす」
執筆:
2019/10/06 23:58

強豪チーム復活を目指すマクラーレンは、メルセデスのPU供給を受けることで、言い訳ができない状況に自分たちを追い込みたいと考えているようだ。

 F1ロシアGPの週末、マクラーレンはルノーとの現行契約を延長せず、2021年からメルセデスのパワーユニット(PU)供給を受けることを発表した。

 2014年以来、7シーズンぶりに”マクラーレン・メルセデス”が復活することになる。メルセデスは2014年からF1を”支配”しているが、その間にマクラーレンは失墜。かつての常勝チームは中団を争うチームへと変わってしまった。

 メルセデスとの再契約を主導した、マクラーレンのチーム代表を務めるアンドレアス・ザイドルは、次のように説明した。

「私の仕事は、F1チームができるだけ早く成功するために必要だと思う、すべての要素をまとめ上げることだ」

「それには、組織的なものや新しい風洞のようなインフラストラクチャー、およびPUサプライヤーの選定も重要だ」

「パワートレインにおいて、メルセデスがこのハイブリッド時代のベンチマークであることが、決定を下した主な理由のひとつだった」

「そのPUを使うメルセデスは、明らかにチームとしても今のF1のベンチマークだ」

「現時点で、パドックで最高のチームと同じパワートレインを持つことがベストなんだ。我々にとって、隠れる場所がなくなるからね」

 2014年に、マクラーレンがメルセデスと提携を解消した際、当時のボスだったロン・デニスは、PUは複雑すぎて、カスタマーチームがワークスチームを倒すことはできないと語っていた。

 しかしザイドルは、マクラーレンがメルセデスのワークスチームと同じ待遇を得られないとは、全く考えていないという。

 また、2021年に予定されているF1のレギュレーションについて、PUの面では大きな変更が導入されないため、1年半も前にPUメーカーを選んだのはリスクにならないとザイドルは確信している。

「PUのレギュレーションは同じままなので、マニュファクチャラー間のパフォーマンスは収束する」

「すでに(PUパフォーマンスは)かなり接近しているのが分かるだろう。それは、自分たちでPUを作っていない独立チームである我々には良いことだ」

「しかし取り組みや品質、信頼性といった面で、メルセデスが過去5〜6年に示してきたことを考えれば、2021年以降の正しい選択肢だと確信している」

「今後に向けてどのようにアプローチしたいかについて、ザク(ブラウン/マクラーレンF1CEO)と毎日多くの議論をしているが、最終的にはとても分かりやすい決定だった」

「私のビジョンを実現するという点で、ザクや株主たちからのサポートを嬉しく思う」

Read Also:

次の記事
カンポス、パンテーラ……相次ぐF1新規参入計画。F1側は「真剣な議論はない」

前の記事

カンポス、パンテーラ……相次ぐF1新規参入計画。F1側は「真剣な議論はない」

次の記事

ホンダ山本MD、日本GPに意気込み「ギリギリまで攻めて、オーストリアのようなレースを」

ホンダ山本MD、日本GPに意気込み「ギリギリまで攻めて、オーストリアのようなレースを」
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
チーム マクラーレン 発売中 , メルセデス 発売中
執筆者 Scott Mitchell