F1
31 7月
イベントは終了しました
07 8月
イベントは終了しました
14 8月
イベントは終了しました
28 8月
イベントは終了しました
17 8月
イベントは終了しました
R
アイフェルGP
09 10月
次のセッションまで……
18 days
23 10月
次のセッションまで……
32 days
31 10月
次のセッションまで……
40 days

マクラーレン、フェラーリを過小評価せず。「彼らの”逆襲”は時間の問題」と予想

シェア
コメント
マクラーレン、フェラーリを過小評価せず。「彼らの”逆襲”は時間の問題」と予想
執筆:
, Grand prix editor

マクラーレンのアンドレアス・ザイドル代表によると、苦戦しているフェラーリの反撃を過小評価するつもりはないという。

 マクラーレンは、F1第7戦ベルギーGPでランド・ノリスが7位となったことで、コンストラクターズランキング3番手に浮上した。レーシングポイントだけでなく、フェラーリも上回ったのだ。

 フェラーリは今季、パワーユニットの出力低下と空力効率の悪化により苦戦しており、ベルギーGPではわずか5周しかポイント圏内を走行できず、ノーポイントに終わった。

 マクラーレンは、7番グリッドを獲得したカルロス・サインツJr.がエキゾーストの問題でスタートできなかったが、ノリスは9番グリッドから7位となった。

Read Also:

 今週末、イタリアGPが行なわれるモンツァのコース特性を考えると、フェラーリがポイントを獲得するのは難しいとみられるため、マクラーレンにとってはフェラーリとのポイント差を広げるチャンスとなりそうだ。

 マクラーレンのチーム代表であるアンドレアス・ザイドルは、ルノーやレーシングポイントと、モンツァでも激しい戦いを繰り広げることを予想しているが、フェラーリが反撃してくる可能性を考慮する必要があると語った。

「私は再び、レーシングポイントとルノーに近づくことを期待している」

「現時点で我々が確認できるものや、フェラーリのコメントなどを読むと、彼らはそこ(モンツァ)で苦労するかもしれない」

「うまくいけば、ここ(スパ)よりも多くのポイントを獲得するチャンスがあるはずだ」

「重要なことであり、我々が絶対に行なわないことは、シーズン中にフェラーリが反撃してくる能力を過小評価することだ。彼らの経験や人材、インフラを考えると、彼らが再び反撃してくるのは時間の問題だと私は確信している。だから、スパでもっと多くのポイントを獲得できなかったのは痛いんだ」

 コンストラクターズランキング3番手のマクラーレンは現在、ランキング4番手のフェラーリと7ポイント差。ランキング5番手のルノーはフェラーリから更に2ポイント差となっている。

Read Also:

ルノーは3番手チーム争いに参加できる! オコン、ベルギーGP好調受け自信

前の記事

ルノーは3番手チーム争いに参加できる! オコン、ベルギーGP好調受け自信

次の記事

マクラーレン、自転車レースへの関与を今季限りで終了。コロナ禍の影響で

マクラーレン、自転車レースへの関与を今季限りで終了。コロナ禍の影響で
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
チーム フェラーリ , マクラーレン
執筆者 Luke Smith