F1
R
第1戦オーストラリアGP
12 3月
-
15 3月
次のセッションまで……
51 days
R
第2戦バーレーンGP
19 3月
-
22 3月
次のセッションまで……
58 days
02 4月
-
05 4月
次のセッションまで……
72 days
R
第4戦中国GP
16 4月
-
19 4月
次のセッションまで……
86 days
R
第5戦オランダGP
30 4月
-
03 5月
次のセッションまで……
100 days
R
第6戦スペインGP
07 5月
-
10 5月
次のセッションまで……
107 days
R
第7戦モナコGP
21 5月
-
24 5月
次のセッションまで……
121 days
R
第8戦アゼルバイジャンGP
04 6月
-
07 6月
次のセッションまで……
135 days
R
第9戦カナダGP
11 6月
-
14 6月
次のセッションまで……
142 days
R
第10戦フランスGP
25 6月
-
28 6月
次のセッションまで……
156 days
R
第11戦オーストリアGP
02 7月
-
05 7月
次のセッションまで……
163 days
R
第12戦イギリスGP
16 7月
-
19 7月
次のセッションまで……
177 days
R
第13戦ハンガリーGP
30 7月
-
02 8月
次のセッションまで……
191 days
R
第14戦ベルギーGP
27 8月
-
30 8月
次のセッションまで……
219 days
R
第15戦イタリアGP
03 9月
-
06 9月
次のセッションまで……
226 days
R
第16戦シンガポールGP
17 9月
-
20 9月
次のセッションまで……
240 days
R
第17戦ロシアGP
24 9月
-
27 9月
次のセッションまで……
247 days
R
第18戦日本GP
08 10月
-
11 10月
次のセッションまで……
261 days
R
第19戦アメリカGP
22 10月
-
25 10月
次のセッションまで……
275 days
R
第20戦メキシコGP
29 10月
-
01 11月
次のセッションまで……
282 days
R
第21戦ブラジルGP
12 11月
-
15 11月
次のセッションまで……
296 days
R
第22戦アブダビGP
26 11月
-
29 11月
次のセッションまで……
310 days

マクラーレン、オコンを選ばなかった理由は”メルセデスとの近い関係”

シェア
コメント
マクラーレン、オコンを選ばなかった理由は”メルセデスとの近い関係”
執筆:
2018/09/06 3:00

マクラーレンのザク・ブラウンは、現フォースインディアのエステバン・オコンを来季ドライバーとして起用しなかった理由について、”オコンがメルセデスと非常に近い関係にあること”が障壁になったと語った。

 マクラーレン・レーシングCEOのザク・ブラウンは、来季のラインアップ候補からエステバン・オコンが外れた理由について、オコンがメルセデスと強力な関係を築いていることが障壁となったと明かした。

 現フォースインディアのオコンは、当初来季マクラーレンのドライバーとなる有力候補のひとりだった。しかしオコンは、ルノーへの移籍を目指したため、マクラーレンとの交渉は沈静化することとなった。しかし、ルノーはダニエル・リカルド(現レッドブル)を獲得することを決めたため、オコンがルノー入りする可能性は潰えた。

 オコンは長期にわたってメルセデスの育成プログラムの一員として育ってきたドライバーである。オコンの将来のキャリアを見据えたメルセデスは、再びマクラーレンにオコンを押し込もうとした。しかしマクラーレン側は、メーカーとの強力な関係を有するオコンは、チームが求めるような人材ではないと感じるようになったという。

 そのため最終的にマクラーレンは、自らの育成ドライバーであるランド・ノリスを起用することを決断。ルーキーであるというリスクはあるものの、長期的に見れば、その方がより良い選択だと考えたようだ。

「最終的には、我々は自分たちのドライバーが欲しかったんだと思う。ランドは、我々が欲したドライバーだ」

 そうブラウンは語る。

「エステバンは、我々が非常に高く評価しているドライバーのひとりだ。そしてドライバーを選ぶ時は、長期的な契約ができるドライバーを探す。他のメーカーとの関係があれば、それは間違った選択だと思う」

「願わくば、エステバンが乗れるといいと思う。もし彼がどこにいたとしても、彼はF1を戦うに値するドライバーだから」

「しかし、そういうドライバーを抱えているメーカーがいて、我々がそのメーカーではなかった場合には、それはネガティブなことになる。ドライバーと契約するにあたっては5年、もしくは10年という視点を持つことを望んでいるのだ」

 マクラーレンは、ノリスの成長を数年前からサポートしてきた。

「私はマクラーレンに来る前から、そして彼がマクラーレンの一員になる前から、ランドのことを見てきた」

 そうブラウンは語る。

「このチームに加入した最初の日から、何をするかということについては、株主との間で明確になっている。そしてこのスポーツやビジネスにおいて、このような類いの関係を持つのは、私が初めてではないと思う」

「私はどのような交渉でも対立していないし、ここでかなりリラックスできている。彼はメリットを感じているからここにいる。もし彼がここにいなければ、どこか別のF1チームにいるだろう」

次の記事
メルセデス、ピットストップ”フェイク”していないと主張。FIAは静観

前の記事

メルセデス、ピットストップ”フェイク”していないと主張。FIAは静観

次の記事

メルセデス、チームオーダーの発動は”可能な限り”先送りに

メルセデス、チームオーダーの発動は”可能な限り”先送りに
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
執筆者 Jonathan Noble