俺は口だけの男じゃない! 結果でリカルドを振り向かせたマクラーレンCEO

マクラーレンのザク・ブラウンCEOは、2021年のダニエル・リカルド獲得を目指すにあたり、自身が“口だけの男ではない”ことを示したと語った。

俺は口だけの男じゃない! 結果でリカルドを振り向かせたマクラーレンCEO

 セバスチャン・ベッテルのフェラーリ離脱に端を発する一連のドライバーシャッフルにより、ルノーのダニエル・リカルドは来季からマクラーレンに移籍することとなった。

 マクラーレンがリカルドの獲得に動いたのはこれが2度目で、彼らは以前、2018年限りでチームを離れたフェルナンド・アロンソの後任として、リカルドと交渉していた。しかし、当時レッドブルに所属していたリカルドはマクラーレンの誘いを断り、ルノーと2年契約を結んだ。

Read Also:

 ブラウンは、2年前のリカルドがマクラーレンと契約しなかったことは、当時のチーム成績を考えれば驚くべきことではなかったと語った。しかしながら、2年前に彼と交渉していたことは、今回の契約にも役立ったと考えている。

「数年前、我々はマクラーレンの歴史の中でも最悪のシーズンを送っていた」とブラウンは回顧する。

「あの時私にできたのは、私の目指すところについてダニエルに主張し、約束をすることだった」

「私はとにかく『良いチーム代表を雇う。良いテクニカルディレクターを雇う。必要なリソースを手に入れる。設備投資もする』と言うしかなかった……問題が多すぎたんだ」

「ただ彼は申し訳なさそうに、『とても良さそうに聞こえるけど、君たちはマクラーレンの史上最悪のシーズンを送ってしまっている』と言った。結局、そういった理由から彼を迎え入れることはできなかった」

「でも今では、『良いチーム代表を雇う』なんて言わずに『我々にはアンドレアス・ザイドルがいる』と言うことができる。彼はチームに大きな変化をもたらした。そしてテクニカルディレクターに関しても、ジェームス・キーを手に入れた」

「1年後、彼(リカルド)は私が口だけの男ではなかったことを分かったと思う。つまり結果がついてきたんだ」

 リカルドは、マクラーレン移籍を決断する“特定の決め手”はなかったとコメントしているが、ブラウンはそうは考えておらず、ポルシェの第一人者として耐久レースの最前線で戦ってきたザイドルの獲得が、リカルドを契約に傾かせるのに大きな役割になったと考えている。

「彼はアンドレアスの大ファンで、それが意思決定に大きく関係していると思う」とブラウン。

「彼は『アンドレアスは“モンスター”だ』と話していた。もちろん良い意味で言っているはずだ。それは今回の決断を下した理由だと思う」

 

Read Also:

シェア
コメント
リバースグリッドの導入は”全くの間違い”。再燃する議論にベッテルが釘

前の記事

リバースグリッドの導入は”全くの間違い”。再燃する議論にベッテルが釘

次の記事

フェラーリ、ロシアGPに小規模アップグレードを準備。問題解決はまだ先か

フェラーリ、ロシアGPに小規模アップグレードを準備。問題解決はまだ先か
コメントを読み込む