アロンソ「マクラーレンは唯一トラブルなしのチーム。良いスタートだ」

アロンソは、マクラーレンはここまでトラブルに見舞われることもなく、良いシーズンスタートを切ったと話した。

 マクラーレンのフェルナンド・アロンソは、マクラーレンは開幕2戦でトラブルを抱えなかった唯一のチームであり、良いシーズンスタートを切れていると述べた。

 今シーズンからルノー製パワーユニットを使用しているマクラーレン。開幕2戦ではポイントを獲得しているものの、メルセデスやフェラーリ、そして同じルノーのパワーユニットを使用するレッドブルに匹敵するペースを示すことはできていない。

 レーシングディレクターのエリック・ブーリエは、先週末のバーレーンGPの後、今シーズンのスタートは”間違いなく”予想以上に厳しいものだと話した。しかしアロンソは、この3年間マクラーレンが苦しい状況に耐えてきたことを考えると、これまでよりも力強いパフォーマンスを望むことは現実的ではなかったと考えている。

 中国GPを前にアロンソは、「レギュレーションが変わらないこの2シーズン、周囲の人々が何を期待していたのか僕はわからない」と語った。

「昨年は僕たち全員よりも前にトップの3チームがいた。そして今年も彼らはそこにいる」

「昨シーズンは開幕3レースでポイントを獲得できなかった。ストフェル(バンドーン)にいたっては、バーレーンではスタートすらできず、ピットにマシンを戻した。今年は開幕2戦を終えて2台ともチェッカーを受けているし、コンストラクターズランンキングでも3位につけている」

「フィーリングでも希望でも夢でもない。この事実を考えれば、とても良いシーズンのスタートだ」

 マクラーレンはシーズン開幕前のテストではトラブルに見舞われていたものの、開幕後は他チームのトラブルにも助けられ、マクラーレンは現在コンストラクターズランキング3位となっている。

 開幕戦で5位に入賞したアロンソは、マクラーレンは唯一、ここまで完璧なシーズンを過ごしていると語った。

「ここまで技術的、戦略的な失敗もなかった。僕たちは唯一そういうチームだと思うけど、違うかな?」

「フェラーリとハースにはピットストップの問題が、レッドブルは2台揃ってのリタイアがあった……」

「僕たちは、この2戦で全くトラブルに見舞われなかった唯一のチームだと思う。メルセデスもすでにギヤボックスを交換しているし、(トラブルが起きていないのは)マクラーレンだけだ」

「でも残念ながら、状況はすぐに変わる。だけど今シーズンのスタートはとてもポジティブだ。それでも期待を実現させることは常に難しいことだ」

 一方バンドーンは、マクラーレンはシーズン開幕前の期待に”100%”答えていると話した。

「レースペースについては、もう少し期待していた。だけど実際は元々の期待に近いレベルにあるようだ。マシンのパフォーマンスやハンドリング、フィーリングに関しても、100%僕たちの期待に沿っている」

「今後数レースでは新しいパーツを導入することになっていて、その中にはいくつか重要なパーツも含まれている。そのパーツがもっとマシンパフォーマンスを引き上げてくれると考えている」

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
ドライバー フェルナンド アロンソ
チーム マクラーレン
記事タイプ 速報ニュース