F1
31 7月
イベントは終了しました
07 8月
イベントは終了しました
14 8月
イベントは終了しました
28 8月
イベントは終了しました
17 8月
イベントは終了しました
25 9月
FP1 まで
06 時間
:
39
:
51
09 10月
次のセッションまで……
13 days
23 10月
次のセッションまで……
27 days
31 10月
次のセッションまで……
35 days

マクラーレン、『Gulf』とのスポンサー契約締結を発表。黄金タッグが復活

シェア
コメント
マクラーレン、『Gulf』とのスポンサー契約締結を発表。黄金タッグが復活
執筆:

マクラーレンは石油会社のガルフオイルとスポンサー契約を締結したことを発表。かつてタッグを組んだパートナーシップが復活することとなった。

 マクラーレンは石油会社のガルフオイルとスポンサー契約を締結したと発表。象徴的な同オイルのロゴが、F1マシンに掲げられることとなった。

 昨年からF1の中団グループ内で存在感を増し、今季は既に開幕戦でランド・ノリスが表彰台を獲得するなど、明るい話題が続いているマクラーレン。彼らがかつてレースをともにしたガルフオイルと再びスポンサー契約を結ぶのではないかという情報は、既に先週末から当サイトでも報じていたが、正式に発表されることとなった。

 マクラーレンは昨年末、ブラジルの石油会社ペトロブラスとのスポンサー契約を終了していたため、新たなスポンサーを探していたと見られる。

 ガルフのロゴはF1マシンのエンジンカウル及びミラーに配されており、31日から始まるF1イギリスGPから使用されることになる。なおドライバーとクルーのスーツにもロゴが入る予定だ。

 今回の契約締結に際し、マクラーレンCEOのザク・ブラウンは次のようにコメントを寄せた。

「ガルフがマクラーレンへ戻ってくることを歓迎し、ふたつの象徴的なブランドが新たにエキサイティングなパートナーシップを共にできることを嬉しく思う」

「ガルフはマクラーレンの歴史の一部であり、彼らは業界でイノベーションと卓越した技術によって非常によく知られている。それはマクラーレンと完全に一致している。我々はこのパートナーシップを今シーズンから開始できることを楽しみにしている」

 またガルフオイルのマイク・ジョーンズCEOは次のようにコメントを寄せた。

「ガルフブランドをエリートモータースポーツへ復帰させる、素晴らしくエキサイティングなパートナーシップだ」

「ガルフとマクラーレンが過去に成し遂げてきたことを物語る歴史書は、驚くべき物語に満ちている。今、我々はこのユニークなパートナーシップの次なる章を記すために、再び手をとったのだ」

 ガルフは1960年代にはF1やスポーツカー選手権『Can-Am』でブルース・マクラーレンをサポートし、1990年代にはガルフ・マクラーレンF1 GTRがル・マン24時間レースなどで活躍。モータースポーツ界において最も有名なスポンサーロゴのひとつと言える。

 

Read Also:

これぞ“チームワーク”だ! F1ハンガリーGP:チームラジオ集

前の記事

これぞ“チームワーク”だ! F1ハンガリーGP:チームラジオ集

次の記事

ラッセルのメルセデス昇格はいつに? 「彼は長期的な計画の一部」とウルフ代表

ラッセルのメルセデス昇格はいつに? 「彼は長期的な計画の一部」とウルフ代表
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
チーム マクラーレン
執筆者 Jonathan Noble