F1
02 4月
-
05 4月
イベントは終了しました
30 4月
-
03 5月
イベントは終了しました
R
第6戦スペインGP
07 5月
-
10 5月
イベントは終了しました
21 5月
-
24 5月
イベントは終了しました
04 6月
-
07 6月
次のセッションまで……
8 days
11 6月
-
14 6月
次のセッションまで……
15 days
25 6月
-
28 6月
Postponed
02 7月
-
05 7月
次のセッションまで……
36 days
16 7月
-
19 7月
次のセッションまで……
50 days
R
第13戦ハンガリーGP
30 7月
-
02 8月
次のセッションまで……
64 days
27 8月
-
30 8月
次のセッションまで……
92 days
R
第15戦イタリアGP
03 9月
-
06 9月
次のセッションまで……
99 days
R
第16戦シンガポールGP
17 9月
-
20 9月
次のセッションまで……
113 days
R
第17戦ロシアGP
24 9月
-
27 9月
次のセッションまで……
120 days
08 10月
-
11 10月
次のセッションまで……
134 days
22 10月
-
25 10月
次のセッションまで……
148 days
R
第20戦メキシコGP
29 10月
-
01 11月
次のセッションまで……
155 days
R
第21戦ブラジルGP
12 11月
-
15 11月
次のセッションまで……
169 days
R
第22戦アブダビGP
26 11月
-
29 11月
次のセッションまで……
183 days

メルセデスに続いて……マクラーレン、フェラーリも相次いで2020年エンジン始動

シェア
コメント
メルセデスに続いて……マクラーレン、フェラーリも相次いで2020年エンジン始動
執筆:
2020/01/30 1:20

マクラーレンとフェラーリはチームのファクトリーにて、2020年マシンのパワーユニットを始動させた。

 マクラーレンとフェラーリが、2020年用マシンのパワーユニットを初始動させたことを、SNSで明らかにした。

 2019年はコンストラクターズランキング4位を獲得したマクラーレン。彼らは2020年に3強チームとの差を縮めることを目標としている。

 そんなマクラーレンは1月29日(水)、イギリスのウォーキングにあるファクトリーにて、2020年マシン『MCL35』に搭載されるルノー製パワーユニット(PU)を始動させた。

Read Also:

 マクラーレンのCEOであるザク・ブラウンや、チームのマネージングディレクターを務めるアンドレアス・ザイドルなどの首脳陣も立ち会ったこの瞬間は、チームの公式Twitterにて動画で公開されている。なお、この動画の中ではニューマシンのデザインが意図的に隠されている。

 

「ルノーと共に、今日このニューマシンに火を入れた。毎年のことだが、これはチームにとって重要な瞬間だ」

 ザイドルはそう語った。

「今後数週間、我々は懸命に働くこととなるが、ニューマシンの発表、そしてテストに向けて、着々と準備が進んでいるのを見るのは素晴らしいことだ」

 マクラーレンは2021年からメルセデス製PUを使用することとなっている。そのため、2020年はひとまず『マクラーレン・ルノー』見納めのシーズンとなる。ドライバーは昨年と変わらず、カルロス・サインツJr.とランド・ノリスというラインアップだ。

 また、2020年こそメルセデスのタイトルを阻止したいフェラーリも、新しいPUをイタリア・マラネロで始動させた。こちらもその様子がTwitterにて公開されている。

 

 なお、新車発表日はマクラーレンが2月13日、フェラーリが2月11日となっている。

Read Also:

次の記事
【動画】フェラーリとマクラーレン、2020年用PUを始動

前の記事

【動画】フェラーリとマクラーレン、2020年用PUを始動

次の記事

ハミルトンには”知られざる”弱点がある……元チームメイト、アロンソの提言

ハミルトンには”知られざる”弱点がある……元チームメイト、アロンソの提言
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
チーム マクラーレン 発売中
執筆者 Jonathan Noble