マクラーレンF1、2021年を戦うニューマシン『MCL35M』を2月15日に発表

マクラーレンは、2021年シーズンのF1を戦うニューマシン「MCL35M」を2月15日に発表する。

マクラーレンF1、2021年を戦うニューマシン『MCL35M』を2月15日に発表

 マクラーレンは、2021年シーズンのF1を戦う「MCL35M」を2月15日に発表すると明かした。これで新車の発表日程を明かしたのはアルファロメオに続き、2チーム目となる。

 マクラーレンはSNSに投稿したメッセージの中で、新車の発表を2月15日に行なうと明らかにした。イベントは19時(日本時間16日4時)にスタート。イギリスでのF1放映権を持つスカイスポーツF1でその模様が放送される予定だ。

 このイベントではニューマシンがアンベイルされると共に、新加入となるダニエル・リカルドが紹介される。

 2021年シーズンはコスト削減のため2020年のマシンの大半を持ち越すことになっており、シャシー開発は大部分が凍結されている。しかしマクラーレンは、今シーズンからパワーユニット(PU)をルノー製からメルセデス製にスイッチ。MCL35MにメルセデスPUを搭載するために、わずかふたつの開発トークンをすべて使ってマシンの変更を余儀なくされた。

 ただ、すでにPUを初始動した際の動画を公開しており、2020年のコンストラクターズランキング3位からさらに躍進する準備は順調に進んでいるようだ。

 

Read Also:

シェア
コメント
グロージャン、インディカー参戦へ秒読み段階? 「ぜひともチームに迎えたい」とデイル・コイン

前の記事

グロージャン、インディカー参戦へ秒読み段階? 「ぜひともチームに迎えたい」とデイル・コイン

次の記事

美しきF1マシン:「鈴鹿が揺れた……勝つ力さえあった小チームの傑作」ザウバーC31

美しきF1マシン:「鈴鹿が揺れた……勝つ力さえあった小チームの傑作」ザウバーC31
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
チーム マクラーレン
執筆者 Luke Smith