F1
28 3月
イベントは終了しました
R
エミリア・ロマーニャGP
16 4月
次のセッションまで……
2 days
R
ポルトガルGP
30 4月
次のセッションまで……
16 days
R
スペインGP
06 5月
次のセッションまで……
22 days
R
モナコGP
20 5月
次のセッションまで……
36 days
R
アゼルバイジャンGP
03 6月
次のセッションまで……
50 days
R
カナダGP
10 6月
次のセッションまで……
57 days
R
フランスGP
24 6月
次のセッションまで……
71 days
R
オーストリアGP
01 7月
次のセッションまで……
78 days
R
イギリスGP
15 7月
次のセッションまで……
92 days
R
ハンガリーGP
29 7月
次のセッションまで……
106 days
R
ベルギーGP
26 8月
次のセッションまで……
134 days
R
オランダGP
02 9月
次のセッションまで……
141 days
R
イタリアGP
09 9月
次のセッションまで……
148 days
R
ロシアGP
23 9月
次のセッションまで……
162 days
R
シンガポールGP
30 9月
次のセッションまで……
169 days
07 10月
次のセッションまで……
176 days
R
アメリカGP
21 10月
次のセッションまで……
190 days
R
メキシコGP
28 10月
次のセッションまで……
197 days
R
ブラジルGP
05 11月
次のセッションまで……
205 days
03 12月
次のセッションまで……
233 days
R
アブダビGP
12 12月
次のセッションまで……
242 days

マクラーレンの若手育成はフェラーリやレッドブルと方針が違う?「我々は的を絞っている」

マクラーレンは、才能あるドライバーの配置に苦労することを避けるため、今後も“非常に的を絞った”若手ドライバープログラムを展開していくと語った。

マクラーレンの若手育成はフェラーリやレッドブルと方針が違う?「我々は的を絞っている」

 現代のF1では、それぞれのメーカーやチームが独自の若手ドライバー育成プログラムを展開している。マクラーレンもその例に漏れず、7度のチャンピオンであるルイス・ハミルトンや、現マクラーレンドライバーのランド・ノリスなどを輩出してきた。

 最近までマクラーレン育成にはセルジオ・セッテ・カマラが所属していたが、彼はレッドブルジュニアへと移籍。そのため、現在マクラーレンは育成ドライバーがいない状況となっている。

Read Also:

 しかし、マクラーレン・レーシングのCEOを務めるザク・ブラウンは、多くの若手ドライバーと契約しないという現在のアプローチの方がチームにとって良いと感じており、2021年に向けてダニエル・リカルドを獲得したことは、外部のドライバーにも関心があることを示していると語った。

「我々は異なる哲学を持っている」とブラウン。

「他(のメーカーやチーム)が抱えている問題は、ドライバーが多すぎて他のチームに移籍させようとしたり、ドライバー自身の準備はできていても肝心のシートがなかったりすることだと思う」

「最近の進歩を鑑みるに、マクラーレンはほとんどのドライバーがドライブしたいと思うチームであり続けるだろう」

「ランドはとても若い。そしてダニエルとは仕事を始めたばかりなので、あと1、2年はドライバーがドアをノックしてきても、彼らのためのスペースはないだろう」

「ランドやストフェル(バンドーン)のように、早くから(才能を)見つける方が戦略的だとは思う。ただ残念ながらストフェルの時はそれがうまくいかなかった。ルイスの時はうまくいったが、シートが空いていて、かつ彼に見込みがあると判断した時に抜擢したまでだ」

 こういったマクラーレンのアプローチは、多くの才能ある若手ドライバーを抱え、その処遇に頭を悩ませているフェラーリやレッドブルとは対照的であると言える。

 ブラウンはまた、現在マクラーレンの若手ドライバープログラムを代表するドライバーはいないものの、F1チームの代表であるアンドレアス・ザイドルとレーシングディレクターのアンドレア・ステラはジュニアカテゴリーにいるドライバーたちの成長を見守っていると語った。

「レッドブルがマックスを発掘したのは素晴らしいことだが、彼らはそこにたどり着くまでに多くの才能ある若手、そして費用を消費してきた」とブラウンは言う。

「我々は的を絞った方がいいのだ。現時点ではジュニアフォーミュラで何が起こっているのかを注視している。ただ、今は彼らのための場所を用意してあげられないので、我々のジュニアプログラムに参加しているドライバーはいない」

「しかしアンドレアスとアンドレアはジュニアフォーミュラに注目しており、あと1、2年の内に誰が頭角を現すか見ることになるだろう」

 

Read Also:

シェア
コメント
サー・フランク・ウイリアムズ、退院し自宅療養へ。チーム明かす

前の記事

サー・フランク・ウイリアムズ、退院し自宅療養へ。チーム明かす

次の記事

アタック一発は脅威的……マグヌッセン”チームメイト”グロージャンを評価

アタック一発は脅威的……マグヌッセン”チームメイト”グロージャンを評価
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
チーム マクラーレン
執筆者 Luke Smith