F1
28 3月
イベントは終了しました
R
エミリア・ロマーニャGP
16 4月
次のセッションまで……
3 days
R
ポルトガルGP
30 4月
次のセッションまで……
17 days
R
スペインGP
06 5月
次のセッションまで……
23 days
R
モナコGP
20 5月
次のセッションまで……
37 days
R
アゼルバイジャンGP
03 6月
次のセッションまで……
51 days
R
カナダGP
10 6月
次のセッションまで……
58 days
R
フランスGP
24 6月
次のセッションまで……
72 days
R
オーストリアGP
01 7月
次のセッションまで……
79 days
R
イギリスGP
15 7月
次のセッションまで……
93 days
R
ハンガリーGP
29 7月
次のセッションまで……
107 days
R
ベルギーGP
26 8月
次のセッションまで……
135 days
R
オランダGP
02 9月
次のセッションまで……
142 days
R
イタリアGP
09 9月
次のセッションまで……
149 days
R
ロシアGP
23 9月
次のセッションまで……
163 days
R
シンガポールGP
30 9月
次のセッションまで……
170 days
07 10月
次のセッションまで……
177 days
R
アメリカGP
21 10月
次のセッションまで……
191 days
R
メキシコGP
28 10月
次のセッションまで……
198 days
R
ブラジルGP
05 11月
次のセッションまで……
206 days
03 12月
次のセッションまで……
234 days
R
アブダビGP
12 12月
次のセッションまで……
243 days

マクラーレン、自転車レースへの関与を今季限りで終了。コロナ禍の影響で

マクラーレンは、今シーズン限りで自転車チームのバーレーン・マクラーレンとのパートナーシップを終了させることを発表。自転車プロレースへの関与を終了させることを明らかにした。

マクラーレン、自転車レースへの関与を今季限りで終了。コロナ禍の影響で

 マクラーレンF1は、バーレーン・マクラーレンとして活動していた自転車ロードレースの計画を今季限りで終了することを明らかにした。

Read Also:

 2019年のはじめ、マクラーレンはバーレーン・メリダとのパートナーシップをスタート。”バーレーン・マクラーレン”としてF1で培った専門技術を、自転車レースの世界に活かすことを試みた。

 このプロジェクトは長期的なモノであり、チームはトップサイクリストのマーク・カヴェンディッシュと契約するなど、体制を整えつつあった。しかし、新型コロナウイルスの感染が世界中に蔓延した影響により、マクラーレンは財政危機に陥り、様々な計画の変更を余儀なくされた。その影響により、自転車レースのプロジェクトも白紙に戻されることになったようだ。

 バーレーン・マクラーレンが発表した声明によれば、マクラーレンF1は今季限りで自転車チームをの関係を撤回し、モータースポーツのプロジェクトに集中することになった。

「バーレーン・ワールドツアー・サイクリング・チームと、英国のスーパーカーメーカーでありF1チームでもあるマクラーレンは、2020年シーズン限りで、マクラーレンがチーム・バーレーン・マクラーレンのタイトルパートナーシップを終了することを確認する」

「チーム・バーレーン・マクラーレンは、パートナーと協力して、チームをプロサイクリングのトップレベルを維持するようにしている」

「チーム・バーレーン・マクラーレンは、新型コロナウイルスの影響で中断されて今シーズンで、サウジ・ツアーやパリ-ニース、サーキット・デ・ゲチョ、ルート・ドクシタニーなどで、印象的な勝利を挙げてきた。チームは、マクラーレンのパートナーとしての貢献に感謝し、四輪レースに集中することを願っている」

 マクラーレンは新型コロナウイルス感染拡大に伴い、自動車生産が一時停止。同社のF1チームもグランプリ開催が延期されやことで、収益レベルが著しく打撃を受けた。

 この財政難に対処するため、マクラーレン・グループはリストラを実施。一部F1チームのスタッフを含む1200人の従業員を解雇することになった。ただ、バーレーン王立銀行から1億5000万ポンド(約212億円)の融資を受けることになり、資金難に関する危機を緩和。チームの長期的な将来が確保できることになった。

 なお今季のマクラーレンF1は良いシーズンスタートを切り、第7戦を終えた段階でランキング3番手につけている。

 一方現在開催中のツール・ド・フランスに参戦中のバーレーン・マクラーレンは、第5ステージを終えた段階で総合4番手につけている。

Read Also:

シェア
コメント
マクラーレン、フェラーリを過小評価せず。「彼らの”逆襲”は時間の問題」と予想

前の記事

マクラーレン、フェラーリを過小評価せず。「彼らの”逆襲”は時間の問題」と予想

次の記事

亡き友への想いが男を強くした……F1ベルギーGP:チームラジオ集

亡き友への想いが男を強くした……F1ベルギーGP:チームラジオ集
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
執筆者 Jonathan Noble