F1
12 3月
-
15 3月
イベントは終了しました
R
第2戦バーレーンGP
19 3月
-
22 3月
次のセッションまで……
50 days
02 4月
-
05 4月
次のセッションまで……
64 days
R
第4戦中国GP
16 4月
-
19 4月
次のセッションまで……
78 days
R
第5戦オランダGP
30 4月
-
03 5月
次のセッションまで……
92 days
R
第6戦スペインGP
07 5月
-
10 5月
次のセッションまで……
99 days
R
第7戦モナコGP
21 5月
-
24 5月
次のセッションまで……
113 days
R
第8戦アゼルバイジャンGP
04 6月
-
07 6月
次のセッションまで……
127 days
R
第9戦カナダGP
11 6月
-
14 6月
次のセッションまで……
134 days
R
第10戦フランスGP
25 6月
-
28 6月
次のセッションまで……
148 days
R
第11戦オーストリアGP
02 7月
-
05 7月
次のセッションまで……
155 days
R
第12戦イギリスGP
16 7月
-
19 7月
次のセッションまで……
169 days
R
第13戦ハンガリーGP
30 7月
-
02 8月
次のセッションまで……
183 days
R
第14戦ベルギーGP
27 8月
-
30 8月
次のセッションまで……
211 days
R
第15戦イタリアGP
03 9月
-
06 9月
次のセッションまで……
218 days
R
第16戦シンガポールGP
17 9月
-
20 9月
次のセッションまで……
232 days
R
第17戦ロシアGP
24 9月
-
27 9月
次のセッションまで……
239 days
R
第18戦日本GP
08 10月
-
11 10月
次のセッションまで……
253 days
R
第19戦アメリカGP
22 10月
-
25 10月
次のセッションまで……
267 days
R
第20戦メキシコGP
29 10月
-
01 11月
次のセッションまで……
274 days
R
第21戦ブラジルGP
12 11月
-
15 11月
次のセッションまで……
288 days
R
第22戦アブダビGP
26 11月
-
29 11月
次のセッションまで……
302 days

トロロッソはバンドーンと契約すべき? マクラーレンが”助言”

シェア
コメント
トロロッソはバンドーンと契約すべき? マクラーレンが”助言”
執筆:
協力: Scott Mitchell
2018/09/04 22:52

マクラーレンのザク・ブラウンは、チーム離脱が発表されたバンドーンは、トロロッソにとって理想的なドライバーになると語った。

 マクラーレン・レーシングCEOのザク・ブラウンは、チーム離脱が発表されたストフェル・バンドーンが、2019年のドライバーラインアップを決めかねているトロロッソにとって、理想的な候補となると考えているようだ。

 マクラーレンは、今季限りでバンドーンがチームを離れ、来季は育成ドライバーのランド・ノリスがシートを獲得すると発表した。そのため、バンドーンは現在フリーエージェントとなっているが、彼はF1に残留するための選択肢はかなり限られている。

 対してトロロッソについては、ダニエル・リカルドがルノーへと移籍することを決めたことにより、来季からピエール・ガスリーがレッドブルに昇格。結果を残せていないブレンドン・ハートレーのシートも安泰ではないとされており、来季のラインアップは不透明だ。

 ブラウンは、バンドーンがトロロッソに違和感なくフィットするはずと語った。

 バンドーンの将来について訊かれたブラウンは「言うまでもなく私は、彼がF1水準のドライバーだと考えている。もし私がトロロッソにいて、シートがふたつオープンになるとしたら、すぐにストフェルを獲得する」と答えた。

「ストフェルは優れたレーシングカードライバーだ。しかしご存知の通り、我々は今後を見据え、ランドの将来性にかけた」

「違う環境の中でより良いレーシングカーがあれば、ストフェルはより素晴らしいドライバーとなるだろう」

 バンドーンが2017年にF1フル参戦デビューを果たして以来、彼はチームメイトのフェルナンド・アロンソをパフォーマンスで上回ることがほとんどできていない。

「この2年間、我々のマシンは競争力がかなり乏しい」とブラウンは認めた。

「フェルナンドのようなドライバーは、持っている経験の全てを使い、そんな状況にもより早く適応できる」

「フェルナンドがコメントしていたように、彼の以前のチームメイトと比べても、ストフェルはかなり近い位置にいる」

「(アロンソの代役として参戦した)2016年のバーレーンGPを含め、彼がデビューした当時のレースを振り返ると、印象的なデビューだった。しかし2017年の彼はフリー走行などの時間を失っていたし、彼が波に乗れるような機会があったかどうかは分からない」

 バンドーンがF1に残れるように、他のF1チームに電話をかけて、彼を支援するつもりはあるかと訊かれたブラウンは次のように述べた。

「ああ、すでにそのつもりだ。ストフェルを助けるためにできることがあれば、我々はすぐに彼を助ける。我々は彼をファミリーの一員だと考えているんだ」

「彼がF1に残ることを願っている。彼はF1にふさわしいはずだ。しかし同時に、我々は自分たちの(F1以外の)レーシング活動を見直している。もし空いているシートがあり、彼がそこでレースをしたいと希望したならば、彼をマクラーレン・ファミリーに留めておくことを躊躇することはないだろう」

次の記事
ガスリー、アロンソを痛烈批判「ホンダPUを使う僕らが嫌いなんだろう」

前の記事

ガスリー、アロンソを痛烈批判「ホンダPUを使う僕らが嫌いなんだろう」

次の記事

ライコネン、モンツァのファンに苦言「ブーイングすべきではない」

ライコネン、モンツァのファンに苦言「ブーイングすべきではない」
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
ドライバー ストフェル バンドーン
チーム マクラーレン 発売中 , トロロッソ・ホンダ 発売中
執筆者 Filip Cleeren