マクラーレンもカラーリング変更。多様性求めるキャンペーンの一環でレインボー増し

マクラーレンは、新型コロナウイルスとの世界的な戦いと、多様性を許容することなどを含めたF1のキャンペーンの一環で、今季マシンのカラーリングを微調整した。

マクラーレンもカラーリング変更。多様性求めるキャンペーンの一環でレインボー増し

 マクラーレンは、今週末のオーストリアGPで2020年シーズンが開幕するのに先立ち、今季のマシン『MCL35』のカラーリングを微調整した。これは、”#WeRaceAsOne”と名付けられた、F1の新たなキャンペーンに関連している。

 このキャンペーンは、世界中を苦しめる新型コロナウイルスと、アメリカに端を発した人種差別撲滅運動に対し、F1が団結していくことを示したものだ。

Read Also:

 新型コロナウイルスと最前線で戦う医療関係者たちにF1からの感謝を伝えるため、全チームのマシンには”レインボー”のロゴがデザインされる。また、多様性への取り組みを強化し、人種差別に反対するメッセージを発信していくとしている。

 マクラーレンはシーズン開幕に先立ち、MCL35のカラーリングをアップデート。ハロに加えて、マシンのサイドポッドにもレインボーをあしらった。加えて、ハロには『End Racism』(人種差別撲滅)とメッセージが入れられている。

 マクラーレンはキャンペーンに関連した様々な特別グッズを販売し、その利益をキャンペーンに充てるとしている。

 メルセデスもまた、多様性をサポートするためにカラーリングを変更。こちらは黒をベースとしたカラーに一新している。

 

Read Also:

McLaren livery
McLaren livery
1/4

写真:: McLaren

McLaren livery
McLaren livery
2/4

写真:: McLaren

McLaren livery
McLaren livery
3/4

写真:: McLaren

McLaren livery
McLaren livery
4/4

写真:: McLaren

シェア
コメント
人種差別への抗議のため、F1ドライバー全員が開幕戦のグリッドで片膝をつくことを検討

前の記事

人種差別への抗議のため、F1ドライバー全員が開幕戦のグリッドで片膝をつくことを検討

次の記事

F1開幕戦、パドックの準備着々。例年とは違う光景が広がる

F1開幕戦、パドックの準備着々。例年とは違う光景が広がる
コメントを読み込む