F1 オーストリアGP

マクラーレンF1、オーストリアGPは”借りぐらし”。前戦で発生したモーターホーム火災へのサポートに感謝

マクラーレンは、F1スペインGPでモーターホーム火災に見舞われ、オーストリアGPではレンタルしたものを使用している。

McLaren motorhome

McLaren motorhome

 マクラーレンは、F1第11戦オーストリアGPではレンタルしたモーターホームを使用している。

 原因となったのは第10戦スペインGPで発生した火災だ。火災が起きたのはスペインGPの土曜朝。マクラーレンのモーターホームのフロア間で出火しており、電気系統のトラブルが原因だったと見られている。

 チームによると、マクラーレンのチームメンバーひとりが念のための予防措置として病院に搬送されたものの、マクラーレンスタッフおよびゲストは全員が無事だったという。

 バルセロナのパドックでモーターホームが解体される前に清掃が行なわれたものの、さらなる整備と徹底的な清掃のため、モーターホームはドイツに戻されている。

 再使用に向けた作業が今週も続けられており、来週末のイギリスGPに間に合うかもしれないと期待されている。イギリスGPに間に合わなかったとしても、夏休みに入る前にはおなじみの施設が帰ってくると見られている。

 その間、マクラーレンはドイツのシューラー社からレンタルしたモーターホームを使用している。レンタルしたモーターホームはチームがこれまで使っていたモノよりも小さいが、オーストリアGPのゲストは他のレースに比べて少ないため、マクラーレンは最小限の混乱で週末を乗り切ることができるだろう。この施設にはエンジニア用のスペースがあり、必要に応じてメカニックに食事を提供することもできる。

 ドライバーズルームや、チーム代表のアンドレア・ステラのオフィスもこのモーターホームの中にあるようだ。

McLaren motorhome

McLaren motorhome

Photo by: Jon Noble

 サーキット上では激しい競争が繰り広げられているF1だが、ステラ代表はサーキット外でのライバルたちの協力に感謝している。

 スペインGPでは他のチームやFIAが、チーム関係者やゲストのために施設を貸したり、スペースを提供したりと協力してくれたという。

「他のすべてのチーム、F1、そしてFIAから受けた援助、連帯、同情、サポートは、我々に真の感動を与えてくれた」

「感動したよ。このパドックにある共同体という感覚について、チームの別のメンバーと話していたんだ。我々は互いに競い合うためにここにいるのだから、ときにそれを忘れてしまうけどね」

 

Be part of Motorsport community

Join the conversation
前の記事 サインツJr.、移籍交渉で”F1の現実”を知る!? 「パドックに信頼できる人はほとんどいない」
次の記事 これでF1のトラックリミット問題は解決する? レッドブルリンクで新たな対策が登場

Top Comments

Sign up for free

  • Get quick access to your favorite articles

  • Manage alerts on breaking news and favorite drivers

  • Make your voice heard with article commenting.

Motorsport prime

Discover premium content
登録

エディション

日本 日本