F1
12 3月
-
15 3月
イベントは終了しました
R
第2戦バーレーンGP
19 3月
-
22 3月
次のセッションまで……
26 days
02 4月
-
05 4月
次のセッションまで……
40 days
R
第5戦オランダGP
30 4月
-
03 5月
次のセッションまで……
68 days
R
第6戦スペインGP
07 5月
-
10 5月
次のセッションまで……
75 days
R
第7戦モナコGP
21 5月
-
24 5月
次のセッションまで……
89 days
R
第8戦アゼルバイジャンGP
04 6月
-
07 6月
次のセッションまで……
103 days
R
第9戦カナダGP
11 6月
-
14 6月
次のセッションまで……
110 days
25 6月
-
28 6月
次のセッションまで……
124 days
R
第11戦オーストリアGP
02 7月
-
05 7月
次のセッションまで……
131 days
R
第12戦イギリスGP
16 7月
-
19 7月
次のセッションまで……
145 days
R
第13戦ハンガリーGP
30 7月
-
02 8月
次のセッションまで……
159 days
R
第14戦ベルギーGP
27 8月
-
30 8月
次のセッションまで……
187 days
R
第15戦イタリアGP
03 9月
-
06 9月
次のセッションまで……
194 days
R
第16戦シンガポールGP
17 9月
-
20 9月
次のセッションまで……
208 days
R
第17戦ロシアGP
24 9月
-
27 9月
次のセッションまで……
215 days
08 10月
-
11 10月
次のセッションまで……
229 days
R
第19戦アメリカGP
22 10月
-
25 10月
次のセッションまで……
243 days
R
第20戦メキシコGP
29 10月
-
01 11月
次のセッションまで……
250 days
R
第21戦ブラジルGP
12 11月
-
15 11月
次のセッションまで……
264 days
R
第22戦アブダビGP
26 11月
-
29 11月
次のセッションまで……
278 days

マクラーレン&ウイリアムズの低迷は、今のF1に必要な形から外れているから?

シェア
コメント
マクラーレン&ウイリアムズの低迷は、今のF1に必要な形から外れているから?
執筆:
2019/01/13 1:57

元F1ドライバーのマーティン・ブランドルは、マクラーレンとウイリアムズが低迷している理由について、現在のF1で必要とされている形と離れつつあるからだと語った。

 ウイリアムズとマクラーレンは、現在参戦中の10チームの中でも、歴史的に見れば最も成功したチームのうちのふたつである。2チーム合わせて17回のコンストラクターズタイトルを獲得し、合計296勝を挙げている。しかしいずれのチームも、2012年以来未勝利のシーズンが続いている。

 ウイリアムズは、1997年にジャック・ビルヌーブを擁していた時代以来、コンストラクターズタイトル獲得から遠ざかっている。2014年に現行のパワーユニットレギュレーションが導入された当初は、メルセデス製パワーユニットのパフォーマンスを活かして好調なレースぶりを見せたが、2018年シーズンはランキング最下位に終わった。

 マクラーレンは2014年に表彰台を獲得して以来、厳しいシーズンが続いている。タイトルを獲得したのは、2008年ルイス・ハミルトンが最後だ。

 元F1ドライバーのマーティン・ブランドルは、オートスポーツ・インターナショナル・ショーの場で、ウイリアムズとマクラーレンについて次のように語った。

「ウイリアムズとマクラーレンについての問題は、現在のF1で必要とされている形から遠いところにいるということだ」

「現在のF1では、メーカー系のチームになるか、ハースやトロロッソのようなBチームになる必要がある」

「それは、ウイリアムズやマクラーレンがいるべき中団グループに、ぽっかりと穴を開ける。なぜなら彼らはワークスチームでも、Bチームでもないからだ」

「そのことが彼らに対してどんな風に働くのか、見てみよう。ある意味ではそれが、うまくいくことを願っている」

「しかし、ハースのようなチームと闘うのは、彼らにとって厳しいだろう。ハースは彼らとは全く異なるビジネスモデルを持っていて、フェラーリやダラーラから多くのモノをもたらされている」

 マクラーレンを含むいくつかのF1チームは、ハースがフェラーリから、レギュレーションで許されている範囲でパーツの供給を受けていることについて批判した。

 ブランドルは、マクラーレンやウイリアムズのようなチームを守る唯一の方法は、ハースのようなチームをF1から追い出すことだと語った。

「私はハースの裏側や、ハースのようなチームを見たくはない」

「グリッドには20台しかいない。億万長者のチームもケアする必要があるし、同じようにメーカーのケアもする必要がある」

「全員を守るために、できることが何かあるはずだ」

「(F1のスポーティングディレクターである)ロス・ブラウンは、そのことと闘っているのだと思う。そして、F1の将来の形を見つけるために、どうにかしようとしているのだ」

次の記事
フェラーリ新代表の人選は”悪手”か。チーム最高の技術者が『政治的立場』に

前の記事

フェラーリ新代表の人選は”悪手”か。チーム最高の技術者が『政治的立場』に

次の記事

フェルスタッペン、フォーミュラEでの”社会奉仕”は「建設的だった」

フェルスタッペン、フォーミュラEでの”社会奉仕”は「建設的だった」
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
ドライバー Martin Brundle
チーム マクラーレン 発売中 , ウイリアムズ
執筆者 Scott Mitchell