F1
19 9月
-
22 9月
イベントは終了しました
26 9月
-
29 9月
イベントは終了しました
10 10月
-
13 10月
イベントは終了しました
24 10月
-
27 10月
イベントは終了しました
01 11月
-
03 11月
イベント 進行中 . . .
14 11月
-
17 11月
FP3 まで
17 時間
:
55
:
10
R
第21戦アブダビGP
28 11月
-
01 12月

今年のマクラーレンは、去年の良さを失ってしまった……アロンソ語る

シェア
コメント
今年のマクラーレンは、去年の良さを失ってしまった……アロンソ語る
執筆:
2018/12/24 0:49

フェルナンド・アロンソは、今年のマクラーレンが苦戦した理由を語ると共に、来年はもっと良くなるはずだと期待を寄せた。

 フェルナンド・アロンソは、今季限りでF1を事実上引退することとなった。彼は2007年以来、2度目のマクラーレン在籍シーズンを4年にわたって過ごしたが、結局1度の表彰台も獲得することなく、チームを離れることとなった。

 アロンソが在籍していた4年間は、マクラーレンにとってF1史上最悪の4年間だったと言っても過言ではない。特に今季用マシンであるMCL33は空力面に問題を抱えており、ドラッグが多いマシンだった。しかしその反面で、コーナーでダウンフォースを維持するのに苦労した。

 アロンソは、「このプロジェクトで採った方向性では、期待していたような結果が得られなかった」と認めた。

「マシンにはいくつかの妥協点があった。しかし、パフォーマンスには大きな希望があった。残念ながらそれはもたらされなかったけどね」

「来年はもっと良くなると思う。そのためのレッスンを受けたのだから」

 マクラーレンは夏休み明けの段階で、空力面の根本的な問題を認識した。しかしながら、それはマシンに対策を施すには遅すぎるタイミングだった。そのためマクラーレンは、残りのシーズンで来季に向けた実験的な作業を多数行った。そのためアロンソは”来季は良くなるはず”との自信を持っているのだ。

「7月から、来年に向けた実験用パーツのテストを行ってきた」

 そうアロンソは語った。

「クルマの方向性について、チーム内には楽観的な意見がたくさんあった」

「僕らは問題を理解した。昨年の時点から、シャシーの面ではとても競争力があることは知っていた。GPSの比較から、コーナリングスピードが速いことはわかっていたんだ」

「12カ月前、昨年のマシンは幾つかのエリアでとても競争力があった。しかし残念ながら、今年はその競争力を失うことになった」

「僕らはその理由を理解した。だから来年には、チームははるかに良いポジションに立つことができると思う」

次の記事
レッドブルの2018年シャシーは最強だった……ホーナー代表主張

前の記事

レッドブルの2018年シャシーは最強だった……ホーナー代表主張

次の記事

ルノー、”情報戦”に長けるレッドブルと関係解消で「ノイズから解放された」

ルノー、”情報戦”に長けるレッドブルと関係解消で「ノイズから解放された」
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
ドライバー フェルナンド アロンソ 発売中
チーム マクラーレン 発売中
執筆者 Scott Mitchell