F1
12 3月
-
15 3月
イベントは終了しました
19 3月
-
22 3月
イベント 進行中 . . .
02 4月
-
05 4月
次のセッションまで……
12 days
30 4月
-
03 5月
次のセッションまで……
40 days
R
第6戦スペインGP
07 5月
-
10 5月
次のセッションまで……
47 days
21 5月
-
24 5月
次のセッションまで……
61 days
R
第8戦アゼルバイジャンGP
04 6月
-
07 6月
次のセッションまで……
75 days
R
第9戦カナダGP
11 6月
-
14 6月
次のセッションまで……
82 days
25 6月
-
28 6月
次のセッションまで……
96 days
R
第11戦オーストリアGP
02 7月
-
05 7月
次のセッションまで……
103 days
R
第12戦イギリスGP
16 7月
-
19 7月
次のセッションまで……
117 days
R
第13戦ハンガリーGP
30 7月
-
02 8月
次のセッションまで……
131 days
R
第14戦ベルギーGP
27 8月
-
30 8月
次のセッションまで……
159 days
R
第15戦イタリアGP
03 9月
-
06 9月
次のセッションまで……
166 days
R
第16戦シンガポールGP
17 9月
-
20 9月
次のセッションまで……
180 days
R
第17戦ロシアGP
24 9月
-
27 9月
次のセッションまで……
187 days
08 10月
-
11 10月
次のセッションまで……
201 days
R
第19戦アメリカGP
22 10月
-
25 10月
次のセッションまで……
215 days
R
第20戦メキシコGP
29 10月
-
01 11月
次のセッションまで……
222 days
R
第21戦ブラジルGP
12 11月
-
15 11月
次のセッションまで……
236 days
R
第22戦アブダビGP
26 11月
-
29 11月
次のセッションまで……
250 days

マクラーレン、エンジニアリングディレクターのパット・フライが離脱か?

シェア
コメント
マクラーレン、エンジニアリングディレクターのパット・フライが離脱か?
執筆:
2019/07/03 9:16

マクラーレンのエンジニアリング・ディレクターを務めてきたパット・フライが、チームを離れることになり、すでにガーデニング休暇に入ったようだ。

 マクラーレンのエンジニアリング・ディレクターを務めてきたパット・フライが、チームを離れることが決まり、すでにガーデニング休暇に入ったようだ。

 フライは昨年、短期間の契約でマクラーレンに8年ぶりに復帰。当時のマクラーレンは、トロロッソから獲得したジェームス・キーのガーデニング休暇が明けるまでの間を繋ぐ人材を必要としていたのだ。

Read Also:

 フライは、パフォーマンス・ディレクターのアンドレア・ステラと共に今季用マシンMCL34の開発に貢献。今シーズン初めにキーがチームに加入したことで、フライとステラは、その役割をキーに引き継いだ。

 マクラーレンを離れたフライに、他のチームからのオファーが舞い込んでいるかどうかは、まだはっきりしない。しかし、フライのガーデニング休暇が、各チームの2020年用マシンが開発され、コースを走り出すまでの間に明けることはないだろう。またフライの専門はエンジニアリングと開発であるため、来年のテストが始まる前に、他チームでの仕事を始めることが許可される可能性もある。

 フライの移籍先として考えられるのはウイリアムズである。ウイリアムズからは、チーフ・テクニカル・オフィサーを務めていたパディ・ロウが離脱。その法的な状況も先週解決することになった。そのため、テクニカル部門を率いる人材のリクルートに、大々的に動くことができるようになった。

 ロウの後任について尋ねられたウイリアムズの副代表であるクレア・ウイリアムズは、オーストリアで次のように語った。

「我々は現在の技術マネジメントチームに満足しています。そして我々が利用可能であり、我々の組織構造に最も適切なオプションについての検討も進めています。決定を下し、発表できる段階になり次第、それについてお知らせするつもりです」

Read Also:

 なおフライはここまで、F1で印象的な経歴をを持っている。彼は1987年にベネトンでF1のキャリアをスタートし、マーチン・ブランドルのエンジニアを務め、1993年にマクラーレンに加入した。

 そのマクラーレンでは、ミカ・ハッキネンとデビッド・クルサードのレースエンジニアを務めた。またその後マクラーレンが1年ごとに役割を交代させるシステムを採用したため、2005年、2007年、2009年、そして2011年のマシンを担当した。

 その後フライはフェラーリに移籍。当初は副テクニカルディレクターとレースエンジニアリング主任を務め、後にテクニカルディレクターとなった。ただ2014年のフェラーリは厳しいシーズンを送り、この年限りでフライもチームを離れた。その後、昨年9月にマクラーレンに加入する前には、短期間マノーで働いたこともあった。

 フライの状況についてマクラーレンの広報担当に問い合わせたところ、チームの人事に関連する問題についてはコメントしないとの回答があった。

Read Also:

次の記事
エイドリアン・ニューウェイ、スーパー耐久への電撃参戦が決定

前の記事

エイドリアン・ニューウェイ、スーパー耐久への電撃参戦が決定

次の記事

イギリスGPのタイヤ選択リストが明らかに。リカルドはミディアム1セットのみ

イギリスGPのタイヤ選択リストが明らかに。リカルドはミディアム1セットのみ
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
チーム マクラーレン 発売中
執筆者 Adam Cooper