F1
28 3月
イベントは終了しました
R
エミリア・ロマーニャGP
16 4月
次のセッションまで……
2 days
R
ポルトガルGP
30 4月
次のセッションまで……
16 days
R
スペインGP
06 5月
次のセッションまで……
22 days
R
モナコGP
20 5月
次のセッションまで……
36 days
R
アゼルバイジャンGP
03 6月
次のセッションまで……
50 days
R
カナダGP
10 6月
次のセッションまで……
57 days
R
フランスGP
24 6月
次のセッションまで……
71 days
R
オーストリアGP
01 7月
次のセッションまで……
78 days
R
イギリスGP
15 7月
次のセッションまで……
92 days
R
ハンガリーGP
29 7月
次のセッションまで……
106 days
R
ベルギーGP
26 8月
次のセッションまで……
134 days
R
オランダGP
02 9月
次のセッションまで……
141 days
R
イタリアGP
09 9月
次のセッションまで……
148 days
R
ロシアGP
23 9月
次のセッションまで……
162 days
R
シンガポールGP
30 9月
次のセッションまで……
169 days
07 10月
次のセッションまで……
176 days
R
アメリカGP
21 10月
次のセッションまで……
190 days
R
メキシコGP
28 10月
次のセッションまで……
197 days
R
ブラジルGP
05 11月
次のセッションまで……
205 days
03 12月
次のセッションまで……
233 days
R
アブダビGP
12 12月
次のセッションまで……
242 days

メルセデスのPUへの懸念は、用心深さのせい? マクラーレン「今のところ全く問題ない」

マクラーレンは、メルセデスが2021年用パワーユニットについて懸念を表明しているにもかかわらず、これまでのところ問題は確認できていないと語る。

メルセデスのPUへの懸念は、用心深さのせい? マクラーレン「今のところ全く問題ない」

 メルセデスは2021年のパワーユニット(PU)について「いくつかの問題」があると表明しているものの、今季からそのメルセデス製PUを使うことになるマクラーレンは、ニューマシンMCL35Mの発表に伴う発言の中で、これまでのところメルセデスPUに問題が発生したことはないと明かした。

Read Also:

 メルセデスのPU開発部門を率いるハイウェル・トーマスは、メルセデスが公開した動画の中で、シーズン開幕前テストに向けて開発中の新しいPUは、いくつかの問題に悩まされていると語り、注目を集めた。

「パワーユニットには、いくつかの問題がある」

 トーマスはそう語った。

「問題があることは分かっている。しかしこの問題を修正するための計画はたくさん存在している。開幕戦に向け、全ての準備が整うと確信しているんだ」

 メルセデスは2020年シーズンに向けても信頼性の問題に悩まされ、当時のエンジン部門責任者であるアンディ・コーウェルも、今回のトーマスと同じような発言をしていた。しかし開幕戦が7月に延期されたため、生み出された猶予期間に修正を実施。開幕後は高い戦闘力と信頼性を誇り、シーズンを席巻した。

 トーマスやコーウェルの発言は、今のメルセデスの”用心深さ”を示したモノであるとも言える。その証拠に、この新型PUを受け取り、テストベンチにかけたマクラーレンは、分析の結果何の問題もなかったと語っている。

 メルセデスのPUに何らかの心配があるのかと尋ねられた、マクラーレンのテクニカルディレクターであるジェームス・キーは、「それはメルセデスにすべき質問だ。我々はそれに答えることはできない」とした上で次のように語った。

「これまでテストベンチで本格的な試験を行なってきたが、問題はまったくなかった。しかし正直に言って、その質問はメルセデスにするのが最適だと思う」

 マクラーレンは、ルノー製からメルセデス製にPUを変更したことで、パフォーマンスをどれほど前進させることができたのか、それを把握したいと考えている。しかしすでに現時点でも、メルセデスPUのパッケージングに感銘を受けているという。

「メルセデスのPUは、とても整えられている」

 そうキーは説明する。

「細部にどれだけの注意が払われているのかが分かる。そういう意味で、パッケージ化するのが非常に楽だった。それが、我々にいくつかのプラスの要素を与えてくれた」

「このメルセデスの構成が、非常にうまく機能するということが、この数ヵ月で明らかになった」

「我々は現在の非常に限られた環境の中で、PUを変更しなければならなかった。そして我々はメルセデスのスタッフの協力があり、そして彼らが供給してくれるPUのおかげで、別のPUでホモロゲーションされたマシンに取り付けるのが非常に楽になった」

Read Also:

シェア
コメント
レッドブル、フェルスタッペンとの契約に”解除条項”の存在認める「ただ重要なのは人間関係」

前の記事

レッドブル、フェルスタッペンとの契約に”解除条項”の存在認める「ただ重要なのは人間関係」

次の記事

ウイリアムズF1、新車発表に先駆けシェイクダウン実施。シルバーストンでFW43B走らせる

ウイリアムズF1、新車発表に先駆けシェイクダウン実施。シルバーストンでFW43B走らせる
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
チーム マクラーレン
執筆者 Jonathan Noble