速報ニュース
F1 トルコGP

トルコGP終盤ピットインしなかったハミルトン。その背景には13年前の“悪夢”が

ルイス・ハミルトンは、トルコGP終盤にピットストップをしなかった理由について、2007年中国GPのピットレーンでのアクシデントから教訓を学んだからだと語った。

Lewis Hamilton, McLaren MP4-22 Mercedes

 メルセデスのルイス・ハミルトンは、F1トルコGPで6番グリッドスタートながらじわじわと順位を上げ、終盤には2番手のセルジオ・ペレス(レーシングポイント)に対して大量リードを築いてトップ独走状態に入っていた。

 レース序盤にウエットタイヤからインターミディエイトタイヤへと履き替えていたハミルトンは、同じタイヤで40周以上を走っていたため、終盤にはタイヤの溝がほとんどなくなっているような状況となっていた。ペレスに対して十分なアドバンテージがあったことから、チームはハミルトンに対してピットストップをして新しいインターミディエイトタイヤに交換することを提案した。

 しかしながら、ハミルトンはそれに反対してステイアウトを選択。結果的に無事トップチェッカーを受け、自身7度目となるドライバーズタイトルを確定させた。

Read Also:

 ハミルトンはレース後、摩耗したタイヤでのピットインを嫌がったのは、2007年中国GPでの一件を思い出したからだと説明した。当時ルーキーのハミルトンは、酷く摩耗したタイヤを交換するためにピットに向かったが、ピットロード入口でオーバーラン。グラベルにはまってリタイアとなり、結果的にこれが大きく響いて史上初のルーキーでのタイトル獲得のチャンスを逃す形となった。

「僕がピットレーンでワールドチャンピオンを失った一件を覚えているよね」とハミルトンは切り出した。

「つまり、僕は2007年の教訓から学んだんだ」

「それに、今回はマシンをコントロール下に置けていると感じていたし、グリップも良くなっていたので、雨が落ちてきたら対応しようと思っていた」

 レース中盤まではランス・ストロール(レーシングポイント)、ペレス、アレクサンダー・アルボン(レッドブル)、セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)に次ぐ5番手を走行していたハミルトンだったが、ベッテルとストロールのタイヤ交換、そしてアルボンのスピンによって2番手に浮上。路面が乾いていく中でペレスをあっさりとオーバーテイクしてトップに立つと、一気に差を広げていった。

 ハミルトンは2回目のピットストップを行なってインターミディエイトタイヤを履くことは「正しい選択ではなかった」と考えており、良いペースを維持するためにはタイヤの温度を維持することが重要だったと語った。

「ある時、セブ(ベッテル)が僕を突き離しはじめた。何が起こったのか分からなかったから、タイヤの温度をチェックしていた」

「結局僕のタイヤがオーバーヒートしていたのか、彼らのタイヤが冷たすぎたのかはよく分からなかったけど、彼らはドライパッチの上を走っていた」

「そしてタイヤのグレイニング(ささくれ摩耗)が荒い状態を過ぎたら、僕のマシンもグリップが戻ってきたんだ。路面は乾いている場所も出てきたし、僕の通っているラインもどんどん状態が良くなっていった」

「それで僕のペースは上がっていって、その後セブはピットに入った。それで僕は(ピットインすることが)個人的に正しい選択とは思えなかったんだ」

「僕がステイアウトしていると、タイヤはどんどんスリックタイヤのようになっていった。それがまさに僕たちの求める状態だったんだ」

「幸運なことに、インターミディエイトタイヤは温度を保つことができるんだ。もし新しいスリックタイヤを履いていたらうまく走れなかっただろうし、これがベストな選択だったんだ」

 

Read Also:

Be part of Motorsport community

Join the conversation
前の記事 ”特殊”なトルコGPで大苦戦。ガスリー、パフォーマンス低下に「当惑」
次の記事 7度目戴冠のハミルトン、メルセデスとの契約更新はシーズン終了後?

Top Comments

コメントはまだありません。 最初のコメントを投稿しませんか?

最新ニュース

Sign up for free

  • Get quick access to your favorite articles

  • Manage alerts on breaking news and favorite drivers

  • Make your voice heard with article commenting.

Motorsport prime

Discover premium content
登録

エディション

日本